サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載
サイト内検索
選手名鑑、試合結果などコチラから検索できます
カスタム検索

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

エスパニョール VS リバプール 

中村俊輔がホームデビュー戦にスタメンで出場しました。

そして初ゴールをアシスト!!

チームも3対0で勝利と幸先の良いスタートになりました。
スポンサーサイト





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン

LAギャラクシー VS FCバルセロナ 

ロスアンゼルス・ギャラクシーとバルサの試合。

ベッカムのフリーキックなど見せ場を作りましたが、バルサが勝利しています。




サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン

アドリアン・ムトゥ 

アドリアン・ムトゥ(Adrian Mutu、1979年1月8日 - )は、ルーマニア・ピテシュティ出身の同国代表、セリエA・フィオレンティーナのサッカー選手(FW・MF)。



1996年、地元のクラブチームであるアルゲス・ピテシュティでキャリアをスタート。

1998年にルーマニアの強豪クラブディナモ・ブカレストへ移籍し、才能の高さを証明。翌年にはセリエA・インテルへ移籍。さらに2000年3月29日のギリシャ戦で代表デビューを果たし、ゲオルゲ・ハジ引退後のルーマニアサッカー界の牽引者として注目を集める。

2002-2003シーズンはパルマでプレーし、攻撃の要として活躍。アドリアーノ、中田英寿と3トップを形成していた。

翌シーズンにはチェルシーへ加入し、2003年のルーマニア最優秀選手に選出されるなど順風満帆かに思われたが、2004年10月にドーピング検査で陽性反応を示し、長期の試合出場停止を余儀なくされ、チェルシーを解雇された。

その後ムトゥはユヴェントスと契約。更にブルガリア代表FWのヴァレリ・ボジノフとのトレードによってフィオレンティーナに移籍、現在に至っている。チェルシー、ユヴェントスでは満足な結果を残すことが出来なかったが、フィオレンティーナではストライカーとして、あるいは左サイドハーフとして実力を遺憾なく発揮。加入1年目となる2006-2007シーズンはリーグ戦33試合出場で15得点、2007-2008シーズンはリーグ戦の17得点に加えてUEFAカップでは6得点を挙げ、ルカ・トーニが去った後のフィオレンティーナのエースストライカーとしての地位を確固たるものとしている。

所属クラブ

FCアルジェシュ・ピテシュティ 1996-1998
o 41試合11得点
ディナモ・ブカレスト 1998-1999
o 33試合22得点
インテル 1999-2000
o 10試合0得点
ヴェローナ 2000-2002
o 57試合16得点
パルマ 2002-2003
o 31試合18得点
チェルシー 2003-2004
o 27試合6得点
ユヴェントス 2004-2006
o 33試合7得点
フィオレンティーナ 2006-
o 33試合16得点





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン

エステバン・カンビアッソ 

エステバン・マティアス・カンビアッソ・デレアウ(Esteban Matias Cambiasso Deleau、1980年8月18日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身で、同国代表、インテル所属のサッカー選手。ポジションはMF。愛称は「クチュ」。



クラブ

地元のクラブチームであるアルヘンティノス・ジュニアーズでキャリアをスタートする。1996年にはレアル・マドリードのBチームへ移り、才能を開花させる。1998年にインデペンディエンテへレンタルされアルゼンチンへ復帰した。その後リーベル・プレートを経て、2002年に今度はレアル・マドリードへ復帰し、スター選手が揃うチームの中でもピボーテとして存在感を発揮した。2004年からは活躍の場をインテルに移し、中盤の核として既に欠かせない選手となっている。2008-09シーズンにはDFの大量離脱に伴い、センターバックの位置でプレーする場面も見られた。

代表

1997年にはU-20ワールドユース選手権にアルゼンチン代表として17歳で出場した。2006 FIFAワールドカップのグループリーグの第2戦のセルビア・モンテネグロ戦では華麗なパスまわしからゴールを決め、勝利に大きく貢献した。



プレースタイル

展開力、華麗なテクニックを持つ。また、高い戦術理解度と豊富な運動量に基づく献身的な守備力も兼備する、世界でも屈指のピボーテである。また攻撃参加も魅力的で、得点に絡む事も多い。


所属クラブ

アルヘンティノス・ジュニアーズ 1995-1996
レアル・マドリード・カスティージャ 1996-2002
インデペンディエンテ 1998-2001
リーベル・プレート 2001-2002
レアル・マドリード 2002-2004
インテル・ミラノ 2004-





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン

サリー・ムンタリ 

サリー・アリ・ムンタリ(Sulley Ali Muntari、1984年8月27日 - )はガーナ出身同国代表サッカー選手。セリエAのインテル・ミラノに所属。ポジションはミッドフィルダー。



クラブ

ガーナの首都アクラにあるリバティー・プロフェッショナルズFCのユースチームでサッカー選手としてのキャリアをスタートさせる。 ユースレベルでの活躍からプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCを始めとする複数のクラブから誘いを受け、最終的にはイタリア・セリエAのウディネーゼに加入。2002-2003年シーズンの2002年11月、対ACミラン戦でセリエAデビューを果たした。

2002-2003年シーズンより監督に就任したルチアーノ・スパレッティの下でチームは2002-2003年シーズン・5位、2003-2004年シーズン・7位、2004-2005年シーズン・4位と好調を維持し、その中でチームの中核としてプレー。翌2005-2006年シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグの舞台も経験した。 一方でスパレッティが同じセリエAのASローマに移って以降、ウディネーゼは精彩を欠き、2005-2006年シーズン・2006-2007年シーズンと続けて10位に甘んじてしまう。サッカー選手としての更なるキャリアアップを求めて移籍を決断し、セリエAの強豪クラブからのオファーもあったが、プレミアリーグでのプレーを希望。2007年5月にかねてからオファーを受けていたポーツマスFCへ移籍した。

2008年7月28日インテル・ミラノへ推定1400-1600万ユーロ、4年契約で移籍した。

代表

2001 FIFAワールドユース選手権のガーナ代表メンバーに選出され、準々決勝でカカ擁するブラジル代表戦に勝利した。決勝では開催国であるアルゼンチン代表に敗れたが、それまで無敗というチームの快進撃にレギュラーとして大きく貢献した。2002年5月のスロベニア戦でガーナA代表デビューを果たした。

ブラック・スターズ(ガーナ代表の愛称)の中心選手となり、2006 FIFAワールドカップに出場した。イタリア、チェコ、アメリカと強豪揃いのグループEだったが、チェコ戦でゴールを決めるなどチームのグループリーグ突破に貢献した。決勝トーナメント1回戦ではブラジルと対戦し0-3で敗戦するものの、スティーヴン・アッピアーやマイケル・エッシェンらと共に精力的にピッチを走り回りこの優勝候補を慌てさせた。

2008年のアフリカネイションズカップでは大会ベストイレブンに選出された。


所属クラブ

ウディネーゼ 2002-2007
ポーツマスFC 2007-2008
インテル・ミラノ 2008-





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。