FC2ブログ

サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1986 FIFAワールドカップ ハイライト  

1986 FIFAワールドカップ(1986 FIFA World Cup)は1986年5月31日から1986年6月29日にメキシコで開催された第13回FIFAワールドカップである。大会はディエゴ・マラドーナを擁するアルゼンチンが決勝で西ドイツを3対2で下し2度目の世界王者となった。

当初はコロンビアで開催される予定であったが、経済状態の悪化から1983年にコロンビアの大会組織委員会が開催権を返上、メキシコが代わりに主催する事になった。これにより、メキシコは1970年以来、16年ぶり2度目のワールドカップ開催となった。その代返開催となったメキシコも前年の1985年に大地震に見舞われ一時は不安視されたが、大会は無事に開催された。

大会の方式は1982年大会から変更された。前回と同じく24チームが大会に招待され、4チームごと6つのグループに分けられた。しかし、決勝ラウンドはトーナメント方式に変更された。各グループの1位と2位チーム、それに3位のチームが勝ち点の多い順に4つ、合計16チームが選ばれることとなった。

この大会はディエゴ・マラドーナの大会として人々に記憶されている。

選手として絶頂期にあったマラドーナがアルゼンチン代表のエースとして獅子奮迅の活躍をしてチームを優勝に導いたからである。その中で最も有名な試合は、準々決勝の対イングランド戦である。マラドーナは2点を決め、チームも2対1で勝利した。

最初のゴールは、マラドーナが後日インタビューに「神の手」と語るとおり、ヘディングを狙いにいったマラドーナの手に当たってゴールに入った点である。

審判はマラドーナのハンドを確認することができず、イングランド代表の抗議も実らず、得点は認められた。イングランドでは、この得点は逆に「悪魔の手」と呼んでいる。2点目は、マラドーナはセンターライン付近からドリブルを始め、ゴールキーパーのシルトンを含めて5人のイングランド選手をドリブルで抜いて決めた得点である。サッカーファンはこれを「5人抜き」と呼んでいる。

イングランドは、1次リーグ初戦のポルトガル戦を落すなど危機的状況にあったが、若きエースストライカーのゲーリー・リネカーが1次リーグ最終戦のポーランド戦で前半だけでハットトリックを達成するなど盛り返し、ベスト8進出と健闘を見せた。また、リネカーは6得点を上げ大会の得点王に輝いている。

前回優勝のイタリアは不調でベンチウォーマーに終始した前回大会得点王、ロッシの穴をアルトべリが4得点の奮闘でカバーしたが、世代交代の遅れで自慢の守備陣が毎試合失点と脆さを露呈。グループリーグこそ1勝2分けで乗り切ったが、決勝トーナメントでは初戦で優勝候補のフランスに0-2と試合内容でもスコア以上の完敗を喫し、静かに大会を去った。

また、準々決勝のフランス対ブラジル戦は、事実上の決勝戦ともいわれた黄金カードであった。ブラジルがエースストライカーカレカのゴールで前半16分に先制すると、フランスは前半40分にミシェル・プラティニの同点ゴールで追いつく。後半も終わりに近づいた頃、会場の大歓声に迎えられてジーコが出場、ファーストタッチである絶妙のスルーパスが反則を誘いPKを獲得した。

キッカーはジーコ。

しかしゴール右隅を狙ったシュートは、この日絶好調のゴールキーパージョエル・バツに阻まれブラジルは勝ち越しの好機を逃した。試合は延長でも決着がつかずPK戦に突入。

フリーキックの名手プラティニが外すというハプニングがあったものの、フランスが勝利を収めた。この一戦は1982年の準決勝フランスー西ドイツ戦と並びワールドカップ史上に残る名勝負としてファンに語り継がれている。

フランスはこの勝利で全ての精力を使い果たし、準決勝の西ドイツ戦では精彩を欠き0-2で敗れ去った。フランスは三位決定戦ではプラティニ、アラン・ジレスらを外して若手中心のメンバーを組み、「プラティニの後継者」と目されたジャン=ピエール・パパンのゴールや次代のキャプテンとなるマニュエル・アモロの活躍もあり、3位の座を確保した。

西ドイツは2大会連続準優勝に終わったが、前回大会とは違い前評判の低かった事から準優勝という結果は大健闘といえるものであった。また決勝トーナメント1回戦モロッコ戦の延長終了間際のローター・マテウスの起死回生のFKからのロングシュートや、決勝戦のアルゼンチン戦での2点リードされた状況から同点に追いつく粘り強い試合運び等は、お家芸の「ゲルマン魂」を発揮したものであった。 大会のMVPに送られるアディダスゴールデンボール賞にはマラドーナが選ばれている。

高地という環境に加え、全試合デーゲーム開催となった為、体力面の消耗が激しい大会でもあった。ダークホースとして強豪から警戒されていたソ連、デンマークはグループリーグから持ち前の攻撃力を存分に発揮してフランス、西ドイツの強豪を抑えてグループリーグを1位突破し、順当に勝ち上がれば準々決勝での対戦が見込まれていた。しかし両国とも決勝トーナメント1回戦で敗退。ソ連は2度のリードを守りきれずに延長戦に持ち込まれてベルギーに粘り負け、デンマークは先制しながらもその後ブトラゲーニョに4得点を挙げられるなどスペインに5失点の惨敗で、グループリーグからフル回転で戦ってきた体力面の消耗が致命傷となったのは明らかだった。

勝ったベルギー、スペインが共にグループリーグ初戦は黒星発進だったのに加え、フランスと西ドイツが準決勝に進出していたのは両国にとっては何とも皮肉な結果である。

大会の汚点としては、ポルトガル代表がストライキを起こしたことが挙げられる。第1試合の対イングランド戦と第2試合の対ポーランド戦の間に練習をすることを拒み、結果モロッコに敗れ、大会を去ることになる。カナダとイラクがワールドカップ初出場を遂げるが、両代表チームとも3連敗で大会から姿を消した。


開催国 メキシコ
優勝   アルゼンチン (2回目)
試合数 52
総得点 132
(1試合平均2.54点)



得点王 得点王 ゲーリー・リネカー( イングランド)

得点ランキング

1位 6点 ゲーリー・リネカー
2位 5点 ディエゴ・マラドーナ カレカ  エミリオ・ブトラゲーニョ
5位 4点 ホルヘ・バルダーノ プレーベン・エルケーア・ラルセン 
       アレッサンドロ・アルトベッリ イーゴリ・ベラノフ



出場国

北中米カリブ海

メキシコ(開催国・2大会ぶり9度目)
カナダ(初出場)

ヨーロッパ

イタリア(前回優勝国・7大会連続11度目)
西ドイツ(前回準優勝国・9大会連続11度目、旧ドイツ時代を含む)
ポーランド(前回3位・4大会連続5度目)
ハンガリー(3大会連続9度目)
フランス(3大会連続9度目)
イングランド(2大会連続8度目)
スペイン(3大会連続7度目)
ベルギー(2大会連続7度目)
スコットランド(4大会連続6度目)
ソビエト連邦(2大会連続6度目)
ブルガリア(3大会ぶり5度目)
北アイルランド(2大会連続3度目)
ポルトガル(5大会ぶり2度目)
デンマーク(初出場)

南米

ブラジル(13大会連続13度目)
アルゼンチン(4大会連続9度目)
ウルグアイ(3大会ぶり8度目)
パラグアイ(7大会ぶり4度目)

アフリカ

アルジェリア(2大会連続2度目)
モロッコ(4大会ぶり2度目)

アジア

大韓民国(8大会ぶり2度目)
イラク(初出場)
スポンサーサイト





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。