FC2ブログ

サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1974 FIFAワールドカップ ハイライト  

1974 FIFAワールドカップ

サッカーの世界大会である第10回FIFAワールドカップは1974年に西ドイツ(現・ドイツ)で開催された。優勝国は西ドイツでオランダを2-1で下した。1954年以来の西ドイツ2度目の優勝である。

この第10回記念大会で初めて現在でも使われているFIFAワールドカップトロフィーが、優勝国に手渡された。それ以前に使われていたジュールリメ杯は、1970年大会でブラジルが3度目の優勝を遂げたため、ブラジルにて永久に保管されることとなっており、新しいトロフィーが今後の大会のために準備されたのである。また、この大会から開幕戦は開催国ではなく、前回優勝国が出場することになった。これは2002年の日韓大会まで続いた。

ドイツの地で2度目の開催となった2006年からは、前回優勝国の予選免除特権が無くなったため、再び開催国が開幕戦に出場することとなった。

大会の方式が1970年大会のものから変更され、初めて「二次リーグ制」が取り入れられた。16チームが地区予選を突破して招待され、一次リーグは4チームずつ4つのグループに分けられた。各グループの1位と2位チームが二次リーグに進出し、4チームずつ2グループに分けられた。各グループの1位同士が決勝戦を行い、各グループの2位チーム同士が3位決定戦を行った。この方式が実施されたのは今大会と次回アルゼンチン大会のみである。

1次リーグでは、ハンブルクの試合会場で東ドイツ対西ドイツ戦が行われた。両国が1次リーグ同組に入ることが決まった瞬間、組合せ抽選会場には大きなどよめきが起こったという。東西ドイツが対戦した唯一の試合であり、大方の予想を覆してユルゲン・シュパールヴァッサーのシュートにより東ドイツが1ー0で勝利したが、この時ハンブルクのフォルクスパルク・スタディオンは沈黙に包まれた。しかし東ドイツは二次リーグでグループ3位に終わったため再度の対決は無く、これがワールドカップにおける最初で最後の東西ドイツ対決となった。

前回優勝国のブラジルは、ペレ、トスタン、ジェルソンが代表引退した影響でチーム力が落ち、1次リーグも何とか通過する状態であった。2次リーグでもオランダに0-2で完敗し、三位決定戦でもポーランドに敗れ4位に終わったが、2次リーグでの東ドイツ戦でリベリーノがマジックのようなFKを決めた場面が唯一の見せ場だった。

2年前のミュンヘン・オリンピックで金メダルを獲得した実績を持つポーランドの躍進も話題となった。グジェゴシ・ラトーが通算7得点を挙げ大会得点王となったが、彼以外にもロベルト・ガドハ、アンジェイ・シャルマッフ、カジミエシュ・デイナら好選手を揃えてスピード溢れる攻撃サッカーを披露、2次リーグ最終戦で西ドイツに敗れたが、3位決定戦でもブラジルを下して3位の座を確保した。

ジャンニ・リベラ、サンドロ・マッツォーラらを擁して優勝候補にも挙げられていたイタリアだったが、名GKディノ・ゾフの持つ連続無失点記録をよりによってハイチにストップされたのがケチの付き始めとなった。ハイチ戦は3-1で勝利したものの、続くアルゼンチン戦を1-1の引分け、2次リーグ進出を賭けたポーランド戦を1-2で落すと、アルゼンチンに得失点差で1点及ばず、1次リーグ敗退に終わった。

この大会は既存のサッカー戦術に大きな変革をもたらした大会であった。準優勝に終わったものの、今大会の台風の目となったオランダは、”フライング・ダッチマン”ヨハン・クライフを中心にヨハン・ニースケンス、ルート・クロル、ロブ・レンセンブリンク、ヨニー・レップ、アリー・ハーン、ビム・ヤンセンらが従来のポジションに捉われず目まぐるしく動き回る全員攻撃・全員防御の「トータルフットボール」を披露し、サッカー界に一大センセーションを巻き起こした。

一方、優勝した西ドイツもベッケンバウアーを中心としたリベロ・システムを披露した。オランダのトータルフットボールが全世界の注目を集めたため、それほど目立たなかったもののディフェンダーが戦術的に攻め上がるというシステムは画期的であった。西ドイツは円熟の境地を迎えた”皇帝”フランツ・ベッケンバウアーを始めとして”爆撃機”の異名を誇ったFWゲルト・ミュラー、中盤で試合を組み立てた”左足の芸術家”ヴォルフガンク・オフェラート、クライフを密着マークし完封したDFベルティ・フォクツ、決勝で同点ゴールとなるPKを事も無げに決めた若き左サイドバックパウル・ブライトナー、GKゼップ・マイヤーといった今日でも語り継がれるスター選手を揃えていた。ミュラーは決勝戦で決勝点を挙げ、西ドイツ代表の優勝に貢献した。


開催国 西ドイツ
優勝 西ドイツ (2回目)
試合数 38
総得点 97(1試合平均2.55点)


得点王 グジェゴシ・ラトー(ポーランド)7得点

得点ランキング

1位 7点 グジェゴシ・ラトー
2位 5点 アンジェイ・シャルマッフ ヨハン・ニースケンス
4位 4点 ゲルト・ミュラー ヨニー・レップ ラルフ・エドストレーム
7位 3点 ヨハン・クライフ パウル・ブライトナー リベリーノ 
       レネ・ハウスマン ドゥシャン・バイェヴィッチ カジミエシュ・デイナ


出場国

ヨーロッパ

西ドイツ(開催国&前回3位・6大会連続8度目、旧ドイツ時代を含む)
イタリア(前回準優勝国・4大会連続8度目)
スウェーデン(2大会連続6度目)
ユーゴスラビア(3大会ぶり6度目)
ブルガリア(4大会連続4度目)
オランダ(7大会ぶり3度目)
スコットランド(4大会ぶり3度目)
東ドイツ(7大会ぶり3度目、旧ドイツ時代を含む。東西分裂後は初出場)
ポーランド(7大会ぶり2度目)

南米

ブラジル(前回優勝国・10大会連続10度目)
ウルグアイ(4大会連続7度目)
アルゼンチン(2大会ぶり6度目)
チリ(2大会ぶり5度目)

北中米カリブ海

ハイチ(初出場)

アフリカ

ザイール(現コンゴ民主共和国)(初出場)

オセアニア

オーストラリア(初出場)
スポンサーサイト





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。