サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

遠藤保仁 

遠藤 保仁(1980年1月28日 - )は、日本のプロサッカー選手。ガンバ大阪所属。鹿児島県鹿児島郡桜島町(現:鹿児島市)出身。ポジションはMF(ボランチ、トップ下)。元サッカー選手の遠藤彰弘は実兄。ニックネームはヤット。



高校時代

地元で有名な「遠藤三兄弟」の末弟として育つ。

鹿児島実業高等学校時代は1995年に高校選手権優勝。1996年に高円宮杯優勝、U-16日本代表に選出された。1997年には全国高校選手権優秀選手に選ばれ、U-18日本代表に選出された。

Jリーグ

高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスに入団。開幕戦で先発出場するなど順調な滑り出しを果たしたが、同年限りでクラブが消滅したため、横浜Fのほかの新人選手とともに1999年に京都パープルサンガに移籍。

2000年に京都がJ2に降格したため、2001年にガンバ大阪へ完全移籍した。2003年、Jリーグアウォーズで年間ベストイレブンに初選出される。2005年11月、ジェフ千葉とのナビスコカップ決勝でPK戦1人目のキッカーとなるが、PKをプロ入り後初めて失敗してしまい、PK戦に4-5で敗れ準優勝に終わった。だが、同年12月に最終節までもつれこんだJ1リーグを制し、クラブ初のリーグタイトルを獲得した。

2006年10月、日本代表でのインド遠征中に発熱。後にウイルス性肝炎と判明し、シーズン終盤に離脱を余儀なくされる。12月2日に行われた浦和レッドダイヤモンズとの最終戦で復帰するも、チームは敗れ優勝を逃すこととなった。

2008年は6月末からウイルス性感染症により一ヶ月以上の離脱を強いられ、これによりオーバーエイジ枠でのメンバー入りが確実視されていた北京オリンピック日本代表は辞退した。

AFCチャンピオンズリーグでは3得点9アシストの活躍でガンバ大阪の優勝に貢献し、大会MVPを受賞した。

2008年12月に日本で行なわれたFIFAクラブワールドカップでは、初戦のアデレード・ユナイテッド戦で決勝点を挙げ、続く準決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦でも決定的なパスを前線に供給するなどの攻守に活躍をみせた。終了間際には相手のハンドで得たPKで得点を挙げている。 この活躍により同大会を優勝したマンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン監督から「キト(決勝で対戦した南米王者)には遠藤と同じくらいのクオリティーを持った選手はいなかった。」と賞賛された。

2003年から2008年まで6年連続でJリーグベストイレブンに選ばれており、これは遠藤のみが達成している記録である。

日本代表

1999年、U-20日本代表として第10回ワールドユース選手権ナイジェリア大会で先発出場し、大会準優勝に貢献。同年にはシドニー五輪予選のU-22メンバーに選出され、アジア一次予選、最終予選でも先発出場。2000年のシドニー五輪本戦では、予備登録メンバーとして選出されたが、本大会出場はなかった。

2002年、日本代表監督ジーコによってA代表に初招集される。11月20日のキリンカップ・アルゼンチン戦で初出場。

2006年にドイツW杯のメンバーに選出されるも、フィールドプレーヤー(GK以外の選手)で唯一ピッチに立つことがなかった。

ドイツW杯後はイビチャ・オシム、岡田武史と代表監督が交代したが、常に日本代表の中心選手として代表入りしている。

なお、コンスタントに日本代表に招集されているが、FIFA主催の国際大会出場はワールドユース選手権ナイジェリア大会(1999年)以来無い(TBS『S☆1・スパサカ』より)。



プレースタイル

ボールキープが巧みで、長短正確なパスを散らすゲームメイカー。味方の足元へピタリとあわせるパスは日本でも屈指の精度を誇る。PKやFKなどのプレースキックが得意。

運動量も豊富で、攻守において貢献度が高い選手である。スピードを生かしたプレーや突破は得意ではないが、その代わりに距離があってもしっかりとゴールマウスをとらえられるミドルシュートを持つため得点力もある。また、テクニックタイプの割にはボディーコンタクトが強くボールを失いにくい。

PKのキックが非常に独特で、ゆっくりとした助走から入り、ボールは全く見ず、相手GKの動きだけを見ながら(本人は足のすねの辺りを見ていると語っている)GKの動いた方向の逆へ蹴るのが特徴。遅めの球速でピッチを転がすように蹴るため、コロコロPKと称されている。一見楽に止められそうに見えるが、助走がボールに近づくにつれて減速し間が空くため、大抵のGKは我慢できず動いてしまう。もし動かない場合には、サイドネットを狙って強いボールを蹴る。ちなみに過去には林健太郎も同じようなPKの蹴り方をしていた。

プロになってから公式戦でPKを失敗したのはわずか4回で、その内2回はジェフ千葉の立石智紀によって、あとはヴィッセル神戸の徳重健太、川崎フロンターレの川島永嗣によって止められている(2009年07月01日現在)。

2008年クラブワールドカップ準決勝のマンチェスターユナイテッドとの対戦では、このコロコロPKで、マンUのGKエドウィン・ファン・デル・サールを破ったりするなど、国際大会においては未だに失敗をしたことがない。

サッカーをよく知る人間には評価がずばぬけて高い傾向にある。オシム前日本代表監督が千葉の監督時代に、ガンバに敗戦後のコメントとして『相手チームにはサッカーをよく知る人間が一人いた。』と遠藤を称えた。

また、日本代表にてプレーを共にする中村俊輔は、テレビのインタビューにて「例えば相手のマークが2、3m離れた瞬間に、スッとパスを足下に出してくれれば、すごくやりやすい。そういうプレーをしてくれるのは今までヤット(遠藤)と名波さんだけだった」と答えている。

さらに、やべっちFCにて川崎フロンターレの鄭大世は、Jリーグに入団した時の感想として『憲剛さんと遠藤さんのパスの精度にビックリした。とにかく衝撃的だった。Jリーグに来てまずそれが衝撃的すぎました。』と語っており、遠藤のプレイの質の高さは、実際にプレイする人間に評価される傾向がある。


所属クラブ

ユース経歴

1995年 - 1997年 鹿児島実業高校

プロ経歴

1998年 横浜フリューゲルス
1999年 - 2000年 京都パープルサンガ
2001年 - 現 在 ガンバ大阪





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Yasuhito Endo



動画


Free Kick Goals by Yasuhito Endo



動画
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。