サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジョバニ・ドス・サントス 

ジョバニ・アレックス・ドス・サントス・ラミレス(Giovani Alex DOS SANTOS Ramírez, 1989年5月11日 - )はメキシコのモンテレー出身の同国代表サッカー選手。現在はプレミアリーグ、トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはFWまたはMF。

しばしば「ジオバンニ・ドス・サントス」と呼ばれるが、名前は「Giovanni」ではなく「Giovani」である。



1980年代から90年にかけてメキシコのクラブ・アメリカやCFモンテレーでプレイをしていたブラジル人サッカー選手であるジジーニョ(ヘラルド・ドス・サントス)とメキシコ人女性との間に次男として生まれる。

サッカー選手の父親を持ったことから幼い頃から自然とサッカーに触れるようになり、アメリカ合衆国で開催されたU-12大会で活躍した後の2001年、父親がかつて所属した CFモンテレーに入団し本格的にサッカーの道へ進むこととなる。

2002年、13歳のときにモンテレーのメンバーとして参加したフランスでのユース大会での活躍がスペイン、リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナのスカウトの目に止まり一家揃ってバルセロナに渡ることとなる。なお、2人の兄弟もサッカー選手であり、兄のエデル・ドス・サントスはメキシコのクラブに、弟のジョナサン・ドス・サントスはFCバルセロナの下部組織に所属している。

バルセロナの下部組織で練習を続け、2005年に16歳でバルセロナBへ昇格を果たし迎えた2005 FIFA U-17世界選手権ではメキシコ代表として参加。背番号8を背負って司令塔としてチームの攻撃を統率し、自身のゴールこそ記録できなかったものの実にチームの総得点の半分をアシストする活躍を見せる。

決勝ではアンデルソン、マルセロ、デニウソンといった後にそれぞれマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリード、アーセナルFCといった欧州のメガクラブへ旅立つ選手を擁するブラジル代表を下して優勝。その活躍から大会のゴールデンボール(大会最優秀選手)のアンデルソンに次ぐシルバーボールを獲得している。

その後バルセロナBに戻り経験を積んだ後、2006年夏にはトップチームのシーズンオフのツアーに帯同し2006年7月29日にはギリシャのAGFオーフス戦との練習試合で先発出場し始めてトップチームでのプレイを経験しドリブル突破から2人を抜き去ってゴールを記録。褐色の肌に長い黒髪、そしてなによりも高いテクニックを活かした小気味良いドリブルが前シーズンにチームをリーガとチャンピオンズリーグの二冠に導いたロナウジーニョを彷彿とさせることからスペイン国内のみならず世界中から注目を集めるようになる。すでにリーガでも通用するレベルにあると評判であったが、フランク・ライカールト監督はその才能を認めながらも(実際に同年に行われたFIFAクラブワールドカップにも帯同させた)、まずは試合にコンスタントに出場し実戦経験を積むことであるという方針を2006-2007年シーズンは貫いた。

2007年6,7月に開催されたFIFA U-20ワールドカップ2007にはメキシコ代表の一員として参加。すでに高い知名度を持っていたが、その噂に違わぬ高度なプレイを披露し、グループリーグの対ガンビア代表戦、対ポルトガル代表戦、そしてトーナメント第一回戦対コンゴ共和国代表戦での3試合で得点、それも全て貴重な先制ゴールを記録する。チームは準々決勝で、大会得点王とMVPに輝くセルヒオ・アグエロを擁する開催国アルゼンチン代表に破れ大会を去ることになるが、自身は大会MVPの選定においてアグエロ、マキシミリアーノ・モラレス(アルゼンチン)に次ぐ3位となるブロンズボールを獲得した。

2007-2008年シーズン、バルセロナBが3部リーグに降格し幾人かの下部組織の有望選手が実戦経験を積ませるため他クラブへのレンタル移籍が検討される中、チームはドス・サントスとボージャン・クルキックに関しては早々に他クラブへのレンタル移籍を否定、トップチームで起用することを発表する。

シーズン前のツアーでは日本にも来日し、2007年8月7日に行われた横浜Fマリノスとの親善試合に出場し得点を記録。前述のFIFAワールドカップやU-20ワールドカップでもメディアに大きく取り上げられたこともあり日本での知名度を更に高める結果となった。

シーズンが開幕すると9月2日の対アスレティック・ビルバオ戦で62分にティエリ・アンリとの交代でリーガデビューを、同12日には対ブラジル戦でフル代表デビューを、同19日の対オリンピック・リヨン戦で79分にシャビとの交代でチャンピオンズリーグデビューを果たした。その後も起用され続けるもなかなか実力を発揮しきれないでいたが、リーグ最終戦のレアル・ムルシア戦ではリーガ初得点を含むハットトリックの活躍を見せた。

移籍報道が過熱する中、最終的に家族の助言もあり、2008年シーズンからイングランドのトッテナム・ホットスパーFCへの完全移籍をした。しかしながら、定位置は確保できず、2009年3月にはチャンピオンシップ(2部相当)のイプスウィッチ・タウンFCにシーズン終了までの期限付きで移籍した。同年6月25日のベネスエラとの親善試合で、代表初ゴールを含む2得点を記録した。




プレースタイル

サッカー選手としては華奢な体つきでありフィジカルコンタクトを得意とはしていないが、足元のセンシビリティーが抜群で高度なテクニックを宿す。そのテクニックを活かしたパス、ドリブルはトップレベルであり、ロナウジーニョや、同じ左利きであるリオネル・メッシといったバルセロナの元チームメイトであり世界最高クラスのテクニシャンの再来と呼ばれることもある。

クラブでは4-3-3システムのナローな右ウイング、代表では4-4-2システムの攻撃的な右サイドアタッカーを任されることが多く、その場合右に開いた位置からドリブルで内に切れ込むか、あるいは相手DFラインとMFラインの間でボールをキープしDFラインの裏へ抜け出す味方へのスルーパスを得意としている。


人物・エピソード

同年代で同時期にリーガデビューを果たしたボージャン・クルキッチと仲が良い。

満を持してトップチームに引き上げられたが、思うような結果が残せずにいた。それと対照的にボージャンは先発出場が増えているほどの活躍ぶりであった。結局トップチームに上げられてわずか1シーズンでの移籍となった。


所属クラブ

FCバルセロナB 2002-2007
FCバルセロナ 2007-2008
トッテナム・ホットスパーFC 2008-
イプスウィッチ・タウンFC 2009 (loan)





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン giovanni dos santos - best goals



動画


giovanni dos santos



動画

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。