サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トマーシュ・ロシツキー 

トマーシュ・ロシツキー(Tomáš Rosický、1980年10月4日 - )はチェコ・プラハ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはMF。



兄とともにスパルタ・プラハに加入し、ユース時代から「サッカー界のモーツァルト」と呼ばれた天才肌の選手。

1999年4月14日に行われたカップ戦のブルノ戦でトップチームデビューを果たすと、5月16日に行われたヤブロネツ戦でリーグデビューを飾り、その後の2試合もスターティングメンバーとして試合に出場した。

翌シーズンからは多くの出場機会を与えられ、9月11日に行われ、7-0で勝利したブジェヨヴィツェ戦で2ゴールを挙げ、初ゴールを記録した。スパルタ・プラハでレギュラーとして活躍し、チャンピオンズリーグでも印象深い活躍を見せ、インテル、ラツィオ(ともにイタリア・セリエA)、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ・ブンデスリーガ1部)、アーセナル(FAプレミアリーグ)などのビッグクラブから獲得のオファーがくるなか、2000-01シーズン途中、当時ブンデスリーガ史上最高額の2500万マルクの移籍金でボルシア・ドルトムントに移籍した。

ボルシア・ドルトムントでは10番を与えられ、2001年2月2日に行われた、1860ミュンヘン戦に60分から出場し、ブンデスリーガデビューを果たした。 2001-02シーズンは、2001年8月11日のヴォルフスブルク戦で初ゴールを挙げ、中心選手として、チームの優勝、マイスターシャーレ獲得に貢献し、チームはUEFAカップの決勝にも進出した。

2003-04シーズンは、チームはチャンピオンズリーグの出場権を逃し、自身も2004年2月28日のヴェルダー・ブレーメン戦で腕を骨折するなど苦しんだが、出場した多くの試合でキャプテンを務めた。チームの財政難から移籍話が絶えず、ロシツキーも2005-06シーズン終了後にはドルトムントからの移籍を希望し、一時はアトレティコ・マドリードと合意間近と見られていたが、最終的にアーセナルへと移籍した。

2006年5月23日にアーセナルと契約を結んだ。移籍金の額は公表されていないが、1000万ユーロだと言われている。8月8日に行われた、チャンピオンズリーグ予備予選3回戦のディナモ・ザグレブ戦でデビューを飾り、9月13日に行われた、ハンブルガーSV戦でロングレンジからシュートを決め、初ゴールを挙げた。

2008年1月26日に行われたFAカップのニューカッスル戦でハムストリングを負傷。当初は数週間で復帰する見込であると伝えられていたが、最終的に残りのシーズンを欠場することとなった。オフに手術を受け、9月に復帰する予定であるとされていたが、怪我は完治せず、11月に2度目の手術を受けた。 長いリハビリを経て、2009年5月14日に全体練習に復帰したが、アーセン・ヴェンゲル監督の判断により、2008-09シーズンは一試合も出場することなくシーズンを終えた。

代表経歴

各年代の代表を経た後、2000年2月23日の対アイルランド戦でA代表デビュー。同年に開催されたEURO2000にも出場した。EURO2004では、10番を背負い、準決勝まで進んだチェコ代表チームにおいて5試合中4試合に出場、2006 FIFAワールドカップでは3試合に出場しグループリーグ突破はならなかったものの、アメリカ代表戦での印象的なミドルシュートを含む2得点を挙げた。ワールドカップ終了後には、ネドベドの代表引退に伴い、史上最年少でキャプテンに指名された。EURO2008もチームの中心として活躍を期待されたが、シーズン中に負った膝の怪我が完治せず、エントリーは見送られた。



プレースタイル

天性の才能からリトル・モーツァルト(小さなモーツァルト)とも呼称される、世界最高クラスのMF。愛称通りの正確なキックを武器に、中盤でタクトを振るい、ゲームを組み立てる。

決定的なパスを繰り出すだけでなく、自分自身も積極的に前へ飛び出し、機をうかがっては自らドリブルで仕掛ける。ハーフウェーライン付近から独走して決めた、ドルトムント時代のUEFAチャンピオンズリーグでの対PSVアイントホーフェン戦のゴールから見てもわかる通りスピードもある。シュートの技術も非常に高く、中長距離を問わずゴールを狙うことができる。蹴る機会はあまりないがプレースキックも正確である。

また、その華奢な体からは想像もできない程当たりに強く、フィジカルコンタクトが激しいプレミアリーグにおいても、当たり負けすることはなく、不用意にボールを奪われることも少ない。身長は178cmとあまり高くないが、ジャンプ力は高くヘディングも得意で、空中戦の技術もある。プレイメーカーでありながら、守備を厭わず、ピッチを広く動き中盤から激しいプレスをかけ、運動量も豊富である。

「走るファンタジスタ」の代表格であり、良い意味での「泥臭さ」を兼ね備えている。コレルとは公私共に仲が良く、息の合ったプレーを見せる。主にクラブでは左サイド、代表では右サイド及び中央でプレーする。


所属クラブ

1986年-1987年 ČKDコンプレソリー・プラハ
1987年-2001年 スパルタ・プラハ
2001年-2006年 ボルシア・ドルトムント
2006年- 現 在  アーセナル





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Tomas Rosicky - 2006/07



YOUTUBE


Tomas Rosicky 2007/08



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。