サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

サミュエル・エトオ 

サミュエル・エトオ・フィス(Samuel Eto'o Fils、1981年3月10日 - )は、カメルーン出身で同国代表のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。サミュエル・エトーとも表記される。別名黒い宝石。



カメルーンのドアラ市にあるカジ・スポーツアカデミーの一期生。1年半程度在籍した後、16歳でレアル・マドリードに引き抜かれる。しかし、レアルで試合に出場することなくレンタルされ、レガネス、エスパニョール、マジョルカで過ごした後、2000年のシーズン終了後に6億6000万円でマジョルカに完全移籍した。マジョルカでは2002年にコパ・デル・レイ優勝に導くなど活躍している。

フランスワールドカップでは17歳3ヶ月で出場、98年トヨタカップ、2000年アフリカ選手権、シドニー五輪を制した。

2004-2005シーズンにバルセロナに移籍するとリーガ優勝に大きく貢献。ピッチ外での話題も豊富で、スポーツカーで大事故を起こすも無傷で数日後の試合に普通に出場したり、カンプ・ノウでの優勝イベントではレアル・マドリードに対し「くそったれマドリーは王者に敬礼せよ(Madrid!Cabron!Saluda al Campeon!!)」とマイクで発言。これはレアルでの不遇の日々から出た発言だとしている。後日謝罪会見を行っている。

また、2006年ドイツワールドカップのアフリカ最終予選での対エジプト戦でカメルーンがPKを得たが、同国代表のピエール・ウォメがPKを外してしまいワールドカップ出場権を逃してしまった(通称・ヤウンデの悲劇)。

その後のインタビューでエトオは「PKは自分が蹴ろうとしたが、ウォメが蹴らせてほしいと言ってきたので彼に譲った。」とコメント。しかし後にウォメのコメントによりエトオの発言が嘘だという事実が分かり、エトオへ批判が集中した。2006年のアフリカネイションズカップエジプト大会では準々決勝で2006年ドイツワールドカップ最終予選で最後まで出場を争ったコートジボワールとPK戦までもつれたが全員成功し2巡目の最初の番でエトオはバーを越えるミスキックをしてしまい、チームはベスト8で敗れた。

2006年9月のUEFAチャンピオンズリーグ1次リーグ、ブレーメン戦で右ひざ半月板を痛め、全治5ヶ月と診断された。「第二の故郷」と言うマジョルカ島で療養していたが、2007年2月に復帰し、ゴールも決めている。なお、復帰後の起用法を巡って出場を拒否するなど、トラブルメーカーぶりもまた、健在である。

2007-08シーズンはティエリ・アンリがバルセロナに加入し、前述のフロントとの衝突などから放出が噂されるもチームに残る。しかし開幕前のインテルとの親善試合で怪我を負うと、ボージャン・クルキッチの台頭などもあり出場機会が減少。ただし、出場した試合では18試合で16ゴールと抜群の決定力を見せた。また、2007年10月17日にはスペイン国籍を取得し、カメルーンとの二重国籍となった。

2008-09シーズンはリオネル・メッシ、アンリとともに世界最強ともいわれる3トップを組み、開幕からシーズン終了までゴールを量産。リーガで72ゴール、さらに国内のカップ戦、CLなどを含めると3人で計100ゴールを挙げ、その圧倒的な攻撃力をヨーロッパ中に知らしめた。自身もリーガ2位の30ゴールを記録し、3シーズンぶりのリーガ制覇とチャンピオンズリーグ、さらにはコパ・デル・レイをも制し、スペイン勢史上初の3冠獲得に大きく貢献した。



16歳でレアル・マドリードへ移籍する際、イングランドやイタリアからもアプローチがあったようだが、本人がスペインサッカーに最も惹かれていたこともありスペイン行きとなった。フランスのスタイルも気に入っているらしい。ちなみに初めて欧州へ移籍してきたとき間違えてスペインではなくフランスの空港に降りてしまった。

レアル・マドリード時代トヨタカップ優勝を経験しているため、カメルーンに凱旋したときカルロス国王から賞賛されている。その写真はカジ・スポーツアカデミーの食堂に飾ってある模様。また、カメルーン代表として2002年日韓ワールドカップで来日した際にサガン鳥栖と試合をして決勝点を奪っている。

バルセロナへの移籍は、レンタルでマジョルカに在籍していたとはいえ、レアル・マドリードからバルセロナへという禁断の移籍(他にはルイス・エンリケなどがいる)だった為、移籍決着まではかなり難航した。グアルディオラ政権となってから、一度戦力外通告を受けていたが、プレシーズンマッチで奮起し毎試合のようにゴールを奪い続け、監督の信頼を勝ち取った。アフリカネイションズカップ中にもバルセロナの試合を気にし続けるなど、クラブに対する深い忠誠心とプロ意識を持っている。もっとも、エトーは自らの心のクラブはマジョルカであると公言しており、スペインのクラブでキャリアを終えるとすればマジョルカで終えたいとインタビューで語っている。

ピッチ外では歯に衣着せぬ言動が特徴である。基本的にチームを思っての怒りのコメントであることが多いが、思ったことをそのまま口に出してしまうので、しばしば舌禍事件を起こす。有名なものとしては04/05シーズン優勝セレモニーでの「マドリー侮辱事件」、06/07、07/08シーズンの「ロナウジーニョとの衝突」、「クラブ内情暴露事件」など。マジョルカ在籍時、「黒人の運動神経を持ち、白人のように暮らす」といったことがある。自他共に認める車好きだが、何度か事故を起こしている。

弟のダビド・エトオはマジョルカの下部組織出身で現在はテルセーラ・ディヴィジョン(4部相当)のレウス・デポルチウに所属している。



プレースタイル

最大の武器は瞬発力とスピード。これを活かした飛び出しやドリブル、味方とのワン・ツーで一気にゴールを陥れるプレーを得意とする。相手DFを背負いながらゴールを決めるボディバランスも併せ持つ。

また非常に高い戦術理解度を持ち、ボールを持っていない時(オフ・ザ・ボール)の動きの質が高い。前線ならどこでもプレー可能。それを活かした味方とのポジションチェンジで相手の守備を混乱させるプレーも得意。中盤の組み立てにも積極的に加わり、しばしばアシスト役になる。ピッチ外での印象と違い、ピッチの中では非常に冷静で、クレバーなプレーをする。

非常に献身的な、ある意味でストライカーらしからぬ選手であり、チームのために(ゴールから遠い)サイドで黒子役に徹することも厭わない。また、アフリカ人特有のスタミナを生かした運動量は非常に豊富。この運動量と持ち前の戦術理解度を活かし、FWとしてはとりわけ高い守備力を誇り、時にはDFラインまで戻って守備に走る。バルセロナにおける戦術の核の1つでもある。

精神力も強く、CL決勝やクラシコなど、土壇場や大舞台で値千金のゴールを決めることが多い。一方で自身の記録を意識すると力みから悉くシュートを外してしまう一面もあり、そんなところもファンに愛される一因となっている。


所属クラブ

1997-2000 レアル・マドリード
1997-1998 CDレガネス (loan) 97-98 28試合3得点
1998-1999 RCDエスパニョール (loan)98-99 0試合0得点
1999-2000 RCDマジョルカ (loan) 99-00 13試合6得点 00-01 28試合11得点

2001-2004 RCDマジョルカ

01-02 30試合6得点
02-03 30試合14得点
03-04 32試合17得点

2004-2005 FCバルセロナ

04-05 37試合25得点
05-06 34試合26得点
06-07 18試合11得点
07-08 18試合16得点
08-09 36試合30得点

2009- インテル・ミラノ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000030-jij-spo




サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン SAMUEL ETO'O ALL GOALS FOR BARCELONA SEASON 2008/2009



YOUTUBE


Samuel Eto'o Great 30 goals



YOUTUBE


samuel eto'o the king



YOUTUBE


Eto'o, Eto'o !!! Champions League 2006



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。