サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルシアーノ・フィゲロア 

ルシアーノ・ガブリエル・フィゲロア・エレーラ(Luciano Gabriel Figueroa Herrera、1981年5月19日 - )は、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。アルゼンチンのボカ・ジュニアーズに所属。



地元の名門ロサリオ・セントラルで2001年にキャリアをスタート。同期のセサール・デルガドとのコンビでスタメンに定着、2003年後期リーグでは得点王に輝く。

2003年にイングランド・プレミアリーグのバーミンガム・シティFCへ移籍。このときスペインのCAオサスナとの2重契約が発覚するが、無事にバームンガムへと移籍が成立。だが出場は1試合のみに終わり冬には契約破棄されるという、自他共に認める大失敗となった。

その後メキシコのクルス・アスルへと移籍。盟友セサール・デルガドとの再会は彼の復活のきっかけとなり、33試合で21得点を記録。またこの頃アルゼンチン代表に招集され始める。

2004年秋にスペインのビジャレアルCFに移籍。多くのアルゼンチン人が在籍していたこともあり早々と適応。05-06シーズンではビジャレアル初のUEFAチャンピオンズリーグの予選第1戦エヴァートンFC戦で先制点を決め、クラブ史に残るゴールとなった。その一方で出場機会は減少、2006年ドイツW杯の代表メンバーに入るため母国のリーベルプレートへと活躍の場を求めてレンタル移籍する。3年ぶりの後期リーグでは7試合で3得点と調子も良かったが、左膝の十字靱帯を負傷する大怪我を負い念願のW杯は絶望となる。

2006年8月、イタリアのジェノアCFCに移籍。怪我の影響が長引き、06-07シーズンの試合出場は0に終わった。

2008年9月29日、マルティン・パレルモが大怪我を負ったため限定的に補強が許されたボカ・ジュニアーズへとレンタル移籍が決まる。11月23日のサンマルティン・トゥクマン戦で初ゴールを決めた。


所属クラブ

ロサリオ・セントラル 2001-2003
バーミンガム・シティFC 2003-2004
クルス・アスル 2004
ビジャレアルCF 2004-2006
リバープレート 2006(レンタル)
ジェノアCFC 2006-2008
ボカ・ジュニアーズ 2008- (レンタル)





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン LUCHO FIGUEROA 1a Parte (www.noigenoani.net)



YOUTUBE


LUCHO FIGUEROA 2a Parte (www.noigenoani.net)



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。