サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジェンナーロ・ガットゥーゾ 

ジェンナーロ・イヴァン・ガットゥーゾ(Gennaro Ivan Gattuso、1978年1月9日 - )は、イタリア、コリリアーノ・カーラブロ出身の同国代表のサッカー選手。セリエA、ACミラン所属。ポジションはミッドフィールダー。



生い立ち

ジェンナーロ・ガットゥーゾはカラブリア州にあるコリリアーノ・スキアヴォネアという町で誕生した。父親は小さな会社を経営しながらサッカーとミランを愛するという人物で、その他、母と2人の姉の5 人家族。父親の影響で幼い頃からボールを蹴りだし、その後、カラブリア州のユース代表に選出されるまでに成長する。この功績に、当時セリエC1に所属していたボローニャが目をつけオファーを出すが、父親がボローニャというクラブに弱小のレッテルを貼り付け、オファーを棄却。すぐさまペルージャからオファーが届き、結果、親元を離れてペルージャのトップチームを目指すという環境に身を置くことになる。 95-96シーズン、ガットゥーゾ17歳でセリエBながら見事にプロデビューを果たす。このシーズンは2試合の出場に止まる。翌シーズンにはペルージャがセリエAに昇格し、96年12月22日に念願のセリエAデビューを果たした。8試合に出場。

レンジャーズ時代

ペルージャで徐々に力をつけていたガットゥーゾだったが、突如スコットランドの強豪グラスゴー・レンジャーズから「ペルージャでの年俸の30倍払う」と意外なオファーが来る。この頃、欧州で議論になっていたボスマン判決を逸早く取り入れる形で両クラブは合意に至り、ガットゥーゾはレンジャーズへ移籍。この移籍は欧州サッカー界において注目の的となった。

迎えた97-98シーズン、ガットゥーゾは豊富な運動量と守備面でのハードワークを武器に36試合に出場し7ゴールを上げる活躍を見せた。


セリエA復帰、ACミラン入団

98-99シーズン途中、急遽セリエAのサレルニターナへ移籍。最終戦でセリエB降格が決まるというチームは不甲斐ない結果に終わったが、ガットゥーゾ自身は高い評価を得ており、チームと一緒にセリエBに落ちるということはなく、ASローマの移籍を保険にACミランから納得のできる契約を待つという恵まれた環境にいた。

2008年12月、カルチョ・カターニア戦で前十字靭帯を損傷し、長期離脱した。2009年5月13日のアルバニアとの親善試合で復帰した。



プレースタイル

無尽蔵のスタミナでピッチを縦横無尽に走り回り、強烈なタックルでボールを奪いにいく、ハードワーカーの代表格である。ACミランの中盤の要のプレイヤーであり、あふれる闘争心でチームを勇気づける。ボールがあるところにはガットゥーゾがいるというほど頻繁にボールホルダーにプレスをかけ、前線の攻撃的な選手が自由にプレーできるのも彼がいるからこそ。

ミランと代表共にコンビを組むアンドレア・ピルロとの組み合わせは「1+1が2以上になる」代表的な例である。また時には果敢に攻めあがり、シュートに持ち込んでいくなど、攻撃のセンスも日増しに上昇している。近年、ミランと代表でピルロとコンビを組んでいるせいか、だんだん相手に似てきたといわれている。調子のムラが皆無に近い事も特筆に値する。

愛称は「ブレイヴハート」「リンギオ(犬などの唸り声)」「うなり屋」で、プレースタイルに由来する。

イタリア語で、ガッツのある選手を意味する「キンタマのある選手」と称される。


所属クラブ

1995-1997 ACペルージャ
1997-1999 グラスゴー・レンジャーズ
1998-1999 サレルニターナ・カルチョ
1999- ACミラン





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Gattusso "The Best"



YOUTUBE


gennaro gattuso



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。