サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シャムロック・ローバーズFC 0 : 1 レアル・マドリード 

アイルランドで合宿中のレアル・マドリーは20日、プレシーズンに入って初となる親善試合を行い、後半にベンゼマが挙げた1ゴールで勝利を収めた。

 この日、地元のシャムロック・ローバーズと対戦したレアル・マドリーは、ペジェグリーニ監督の初さい配の下、新加入のクリスティアーノ・ロナウド、ベンゼマ、ガライ、ネグレドがデビューした。

 ペジェグリーニ監督は前半、細かいパスワークで前へとつないでいく緻密なサッカーを指示。ラサナ・ディアラ、ガゴ、グティのトリプルボランチで守備を固め、前線にいる選手の守備への負担を軽減するシステムを敷いた。注目の前線には、右サイドにC・ロナウド、左サイドにイグアイン、中央にラウルが陣取り、それぞれがアグレッシブにゴールを狙っていったが、フィニッシュの精度を欠き、得点には結びつかなかった。

 ゴールこそなかったものの、前半はペジェグリーニ監督の思い通りのサッカーを実践したレアル・マドリー。しかし、ほとんどのメンバーを入れ替えて臨んだ後半は、まったく違った展開になった。それまでほとんどチャンスを作れなかったシャムロックは、後半に入ると数本の決定的なシュートを打って反撃。対するレアル・マドリーも、後半にデビューを果たしたベンゼマ、ファン・デル・ファールト、ネグレドらが惜しいシュートを放って先制点を狙う。それでも両チームとも得点のないまま、試合は終盤まで緊迫した展開となった。

 こう着状態の中、存在感を示したのは、背番号19のエース候補ベンゼマだった。1本目のシュートはポストにはじかれたが、その後も個人技から2本目を放つ。86分にはエインセからのロングパスを絶妙なトラップで受け、3本目となるシュートをゴールへ流し込んでチームに勝利を呼び込んだ。

 多くのチャンスを作りながら1得点に終わった新生レアル・マドリー。だが、この試合を通じて、ペジェグリーニ監督が目指すサッカーの方向性を、わずかながら垣間見ることができた。






サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Shamrock Rovers 0 : 1 Real Madrid 20-04-2009 Karim Benzema 87`



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。