サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミケル・ジョン・オビ 

ジョン・マイケル・ンチェクベ・オビンナ(John Michael Nchekube "MIKEL" Obinna , 1987年4月22日 - )はナイジェリア、ジョス出身のサッカー選手。ポジションはMF。



18歳の若さでマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーFCがあらゆる手段を駆使した獲得争いを繰り広げていた選手。2005 FIFAワールドユース(当時)でシルバーボール賞を受賞した。

アレックス・ファーガソンが3年もの間追い続け、2005年4月末にマンチェスター・ユナイテッドが彼の獲得でFCリン・オスロと合意と発表したが彼の所有権はリンではなくチェルシーが持っていたためチェルシー側がこれを不服として抗議、結局この移籍は取り消された。その後金の積み合いとなったが、最終的にチェルシーが1600万ポンド(約33億円)の移籍金で獲得した。しかしマンチェスター・ユナイテッドとの関係を悪くしないようにするためか、移籍金の4分の3の1200万ポンドはマンチェスター・ユナイテッドへ、残りの400万ポンドがミケル自身に渡されることで決着した。

チェルシー加入後は主に控え選手として試合に出場していたが、レディングFC戦でレッドカードを提示され、退場となってしまった。その後は出場機会をなくしてしまっていたが、リーグ戦の対ウィガン・アスレチック戦で控えとして出場し、リーグ・カップのマックルズフィールド戦で1ゴールを決め、チームの勝利に貢献した。

同じ1987年生まれでは、FCバルセロナのリオネル・メッシやアーセナルFCのフランセスク・ファブレガスなどのビッグプレーヤーがいる。



プレースタイル

ドリブル、セットプレーのキックの正確性、絶妙のスルーパスと非の打ち所のないまさに「天才」。しかし、若干カードをもらいやすく精神面の成長が課題である。未完成の選手で、中盤の底としては守備力が足りず、及第点には及ばないが、10代の頃から身につけていた持前のセンスと知性でパリSGに移籍したクロード・マケレレの果たしていた役割を十分こなしチェルシーの堅守に貢献している。

無尽蔵のスタミナと強靭なフィジカルを武器に、毎試合成長している。 最近では、レギュラーに定着しており、欠かせない選手として重宝されている。


所属クラブ

プラトー・ユナイテッド ?-?
アヤックス・ケープタウン ?-2005
FCリン・オスロ 2005-2006
チェルシーFC 2006-





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン John Obi Mikel



YOUTUBE


2008 World Cup Qualifier: Nigeria vs South Africa



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。