サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スティーヴン・ジェラード 

スティーヴン・ジョージ・ジェラード MBE(Steven George Gerrard MBE、1980年5月30日 - )は、イングランド、マージーサイド州・ウィストン出身のサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。ポジションはMF。攻撃的なポジションならどこでもこなせるマルチロールな選手。正確なミドルシュートに定評がある。



幼少の頃からリヴァプールFCのアカデミー(下部組織)で才能を磨き、1998年にトップチームデビューを飾る。デビュー当初は右サイドバックとしてプレー。その後、ポジションをセンターハーフにコンバートされる。

代表デビューは2000年5月のウクライナ戦。19歳でUEFA欧州選手権2000の代表メンバーに選ばれている。翌2000-2001シーズンではリヴァプールのレギュラーとして活躍。カップ・トレブルに大きく貢献した。

2002年日韓ワールドカップ大会は怪我のため落選している。2002-2003シーズンのプレミアリーグ最終戦のチェルシーFC戦では、勝った方が4位でUEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得という状況の試合であったにもかかわらず、試合中に不用意なレッドカードを貰ってしまい、出場権を逃してしまう。しかし、翌2003-2004シーズン途中にサミ・ヒーピアからキャプテンを受け継ぐと、秘めたるポテンシャルが一気に開花した。同シーズン、チームはUEFAチャンピオンズリーグ出場権を争う位置にいたが、シーズン終盤のジェラードの大活躍によって最終節を待たずして4位を決め、前年の汚名を返上。

シーズン後にチームのエース・オーウェンが移籍した時、一時はジェラードにもチェルシー移籍の話が持ち上がった。しかし記者会見で残留を明言。名実ともにチームの顔となる。

2005年は、リーグ戦で低迷するチームを鼓舞しながら、UEFAチャンピオンズリーグにおいては、GL突破のためには2点差以上の勝利が義務付けられた最終戦のオリンピアコスCFP戦で、試合終了間際にミドルシュートを決め3-1とし、チームを決勝トーナメントへ導く。

決勝トーナメントでは得点こそなかったものの、存在感を示しチームは決勝戦へと進出。決勝のACミラン戦では3-0のビハインドを覆す逆転優勝を決めるきっかけとなるヘディングシュートを決めてみせた。ゴール直後のチームメイトとサポーターへむけた『盛り上がれ!』というパフォーマンスは有名である。

また、このシーズン終了時に再びチェルシーへの移籍が報道された。代理人が「交渉は修羅場になった」と発言するほど契約延長交渉は乱れたようだが、これはジェラード本人とクラブ側との些細な思い違いから始まったものであった。正式な会談を持った結果、ジェラードはあっさりとチームへの残留を決めた。

2005年12月には、FIFAクラブワールドカップでヨーロッパ代表として来日。リヴァプールは準優勝に終わったが、テレビの宣伝などで日本での知名度は上がった。

イングランド代表でも不可欠な選手とされており、2006年のドイツW杯で2得点をあげる活躍をしたことから、本人も望むイングランド代表の次期キャプテンはジェラードで決まりだと噂されていたが、デビッド・ベッカムからキャプテンマークを引き継いだのはライバルクラブのチェルシーのキャプテン、ジョン・テリーだった。

2000年代のリヴァプールの象徴であり魂でもある選手で、100年を超すリヴァプールの歴史を通しても、サポーターからはケニー・ダルグリッシュと並ぶ最高殊勲選手と目されている。その証として、2000-2001シーズンUEFAカップ、2002-2003シーズンFLカップ、2004-2005シーズンUEFAチャンピオンズリーグ、2005-2006シーズンFAカップと、タイトルを獲得したあらゆるカップファイナルで優勝に導くゴールを挙げている。

2008-2009シーズンUEFAチャンピオンズリーグのPSVアイントホーフェン戦において、自身100ゴール目となるフリーキックを決めた。

2009年3月22日、アストン・ヴィラFC戦で、自身リーグ戦初のハットトリックを達成したように、2008-09年シーズンはポディションを少し上げたことにより、得点力が増し、自身最高のリーグ16得点をマークし、リーグ得点ランキングは、ニコラ・アネルカ、クリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位となり、またチーム内の得点王となった。



プレースタイル

クラブ史上最高の選手との呼び声が高い万能FW。強いフィジカルと守備力を兼ね備え、攻守に絶大な影響を及ぼす。ミドルシュートの精度と威力は世界屈指であり、確実にボールの芯を打ち抜く技術を持つ。






サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Steven Gerrard Centurion Part 1



YOUTUBE


Steven Gerrard Centurion Part 2



YOUTUBE


Steven Gerrard Centurion Part 3



YOUTUBE


Steven Gerrard 2008/2009 Goals !



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。