サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アリエン・ロッベン 

アリエン・ロッベン(Arjen Robben、1984年1月23日 - )は、オランダ王国フローニンゲン州ベドゥム出身の同国代表、レアル・マドリード所属のサッカー選手。ポジションはWG。

ヨハン・クライフなどオランダサッカー界天才の系譜に名を連ねる。マルク・オーフェルマルスの後継者とも言われる。

オランダ代表で既に欠かせない戦力となっている左利きの快速ウインガーで、100m走は10秒台をマークする。この若さで元オランダ代表選手たちが選ぶ歴代オランダベストイレブンに名を連ねる程の名手として知られる。



フローニンゲン在籍時の2000年、16歳でプロデビュー。すぐさまクラブの中心的プレイヤーとなり、2002年にPSVアイントホーフェンへ移籍。ここでも1年目から12ゴールを挙げる活躍を見せ、オランダの年間最優秀若手選手としてヨハン・クライフ賞を受賞する。

2004年、マンチェスター・ユナイテッドとの激しい争奪戦の末、移籍金1800万ユーロでチェルシーが獲得に成功、同クラブで目覚ましい活躍を見せた。

オランダ代表デビューは2003年4月のポルトガル代表戦。翌年のEURO2004ではアリエン・ロッベンを印象づける数々のプレーでその名を世界に轟かせ、瞬く間の注目の新鋭として脚光を浴びた。その期待度から彼をチェコ戦で途中交代させた当時のオランダ代表監督ディック・アドフォカートはメディアからの激しい批判に晒された。

EURO2004の後にプレシーズンで負った怪我の影響で、プレミアリーグのデビューこそ遅れたものの、11月に復帰すると守備的で退屈だと揶揄されていたチェルシーのサッカーを殆ど1人で変えてみせた。同月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞にも輝いている。その後も怪我に悩まされながらもチェルシーの二冠制覇に貢献。本職は4-3-3の左WGながら、2006-07シーズンはアンドレイ・シェフチェンコの加入によりクラブは4-4-2へとシステムを変更し、このため出番が激減。

2007年、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードへの移籍が、5年契約3600万ユーロで決まる。膝の故障でシーズンは出遅れたが同年9月にデビュー。

2004年初頭に睾丸癌を患っていたことを最近になって告白。既に克服済み。 2009年リヴァプール、トットナムが同選手を夏の移籍市場で獲得しようと狙っている。レアルはどうあってもロッベンを放出したい方針。



プレースタイル

ほぼ左足一本でのドリブルで、スピードを緩めない直線的な仕掛けが特徴。そのドリブルの打開力・突破力は高く評価される。非常にユーモラスな手の振りも特徴で、飛び跳ねるようなそのアクションは一見無骨にも思えるが、ドリブルに弾みをつけるロッベンならでは足の急かし方にも見える。周囲を瞬時に把握する能力に長けており、また先を読む能力があるのか中を確認せずに正確なクロスを放り込むことがしばしば見られる。ゴール前でも冷静な人で知られ、GKの様子を窺ってタイミング良くシュートを撃つことが多く、ミドルレンジからのシュートも得意としている。

ロッベンの怪我の多さは彼自身のプレースタイルに原因があると度々語られる。上記のように快速をもって敵陣に切り込む仕事をメインとしており、ロッベンの突破は他のウイングの選手に比べても一瞬の加速に特化してるところが大きく、この切り返しにディフェンダーが反応できずに足を出してしまうことがある。身体の連動を乱し思いがけない無理な動きに筋肉系の損傷、断裂を引き起こしてしまう。ロッベンの怪我の多さには何らかの対処法が必要とされる。

本人はシミュレーションの線を否定しているが、派手な転倒から警告を受けることもある。


所属クラブ

CVVベドゥム -1996
FCフローニンゲン 1996-2002
PSVアイントホーフェン 2002-2004
チェルシー 2004-2007
レアル・マドリード 2007-





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン The best of Arjen Robben



YOUTUBE


robben 2008



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。