サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ラウール・アルビオル 

ラウール・アルビオル(Raúl Albiol Tortajada、1985年9月4日 - )は、スペイン・バレンシア出身、リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属のサッカー選手(DF、MF)。



バレンシアCFのカンテラ出身の若手。レンタル先のヘタフェCFでキケ・サンチェス・フローレス監督の目に留まり、様々なポジションで起用された。レンタル先がヘタフェCFに決まり、マドリッドへ移動中の時に交通事故に巻き込まれた。手術は成功したが、いっときは昏睡状態にまで陥ったという。もう、サッカー界には戻れないかもしれない、とまでいわれた。だが、2004-2005シーズンも半分を過ぎた頃、彼は見事にカムバックを果たした。辛いリハビリを得て、レアル・マドリーとのダービーではゴールまで決めたのだった。

2006-2007シーズンは、キケ・フローレスがバレンシアの監督に就任すると共にバレンシアへ復帰した。ロベルト・アジャラの怪我もあり、CBでの起用に見事応えた。アジャラ復帰後もスペイン代表のカルロス・マルチェナを差し置いてレギュラーポジションを勝ち取り、飛躍の年となった。その後もCBのレギュラーとして出場を重ねチームの柱として成長した。2008-2009シーズンにはチーム内の投票により第二キャプテンに選ばれた。同シーズンは33試合に出場して2得点したが、2009年2月から3月にかけての2週間でオウンゴールを2回記録した。

2009年6月、移籍金1500万ユーロの5年契約でレアル・マドリードに移籍した。

代表歴

スペインU-21代表の経験が豊富で、A代表へのステップアップが期待されていた。ドイツW杯の選考からは漏れたものの、実際にスペイン代表監督のルイス・アラゴネスにより代表ミーティングには呼ばれており、彼を差し置いてマルチェナが選ばれたことを疑問視する声が聞かれた。2007-2008シーズンにはスペイン代表に選出され、UEFA欧州選手権2008ではスウェーデン戦に途中出場、ギリシャ戦に先発フル出場し、カルレス・プジョルとカルロス・マルチェナの正CBコンビを支えた。2009年6月、FIFAコンフェデレーションズカップに出場し、グループリーグ2試合に出場した。



プレースタイル

ヘタフェ所属時代は3バックの一角や右サイドバック、ボランチでの起用など多くのポジションでプレーしたが、現在は4バックのセンターを務める機会が多い。ディフェンスブロックならどこでも任せることができるユーティリティーさが彼の最大の特徴であるが、1対1の対応に優れ、フィード能力も悪くなく、速さと高さ、戦術理解を兼ね揃えたスペインのホープである。


所属クラブ

2002-2004 バレンシアB
2004-2005 ヘタフェCF
2005-2009 バレンシアCF
2009-現在 レアル・マドリード





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Raul Albiol



動画


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。