サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ジョアン・カプデビラ 

ジョアン・カプデビラ・メンデス(Joan Capdevila Méndez, 1978年3月2日 - )はスペイン・タレーガ出身のプロサッカー選手。スペイン代表である。ポジションはディフェンダー。



少年時代はフォワードとしてプレーしていた。育成に長けることで知られるエスパニョールの下部組織でサイドバックにコンバートされ、トップデビューする。アトレティコ・マドリードを経てデポルティボ・ラ・コルーニャに移籍すると、『スーペル・デポル』と称された同クラブの黄金期を左SBとして支えた。2007年にはビジャレアルに移籍し、不動の左SBとして君臨している。

代表では、シドニーオリンピックでの銀メダル獲得などユース世代での実績を積んだ後、2002年10月のパラグアイ戦でA代表デビューする。EURO2004にも招集されたが出場機会はなし。2006年のドイツワールドカップにも怪我をしたアシエル・デル・オルノにかわり招集されるとみられたが、国内リーグで大量の得点を決めていたマリアーノ・ペルニアが世論の強い後押しもあって選出され、カプデビラがドイツへ行くことはなかった。ワールドカップ以降はコンスタントに代表に招集され、不動の左SBの地位を築く。EURO2008本大会では、全試合に出場し、スペインの欧州制覇に貢献している。



プレースタイル

攻守にバランスのとれた優良な左サイドバックである。安定した守備力と、高いパス精度・シュート力を誇り、効果的なオーバーラップはチームの大きな武器となる。ヘディングにも長け、セットプレーにおいても威力を発揮する。ただし、ドリブル突破を仕掛けることはあまり得意ではない。ほぼ左足だけでプレーしていたが、近年は右足での得点も目立つ。デビューから9シーズンで300試合以上に出場し、26得点を挙げている。この得点数は、リーガでプレーしたサイドバックでは、370試合で44得点を挙げたロベルト・カルロスに次ぐ数字である。


エピソード

EURO2008への準備中に、友人のスポーツライター中嶋亨より「怪我をしたりしないように」という願をかけて明治神宮のお守りを貰い、そのすぐ後の親善試合で非常に出来が良かった。そこでお守りをシューズバッグの外に吊るすなど身につけるようになり、試合後には中嶋と電話で話をする、という「儀式」を続けた。

そしてお守りが代表チーム内で流行し、中嶋に「お守りが欲しい」という選手が続出した。大会MVPに輝いたシャビもその1人である。カプデビラは「新しいお守りを貰ったら、大会中のものは優勝メダルと一緒に飾るつもりだ」「日本に行く機会があれば、是非神宮に参拝したい」と話している(スペインの全国紙「ラ・バングァルディア」に載った記事を基に、日本では週刊現代で紹介された)。

子どもの頃のアイドルはジョルディ・ラルディンである。


所属クラブ

RCDエスパニョール 1998-1999
アトレティコ・マドリード 1999-2000
デポルティーボ・ラ・コルーニャ 2000-2007
ビジャレアルCF 2007-





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Top 5 Joan Capdevila goles



動画
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。