サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トゥーレ・ヤヤ 

グネグネリ・ヤヤ・トゥーレ(Gnégnéri Yaya Touré, 1983年5月13日 - )はコートジボワール出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。

アーセナルでプレーするコロ・トゥーレを兄に持つコートジボワール代表。また弟にはOGCニースでプレーするイブラヒム・トゥーレがいる。



兄のコロも所属したコートジボワールのアカデミーでユース時代を過ごす。このアカデミーはヤヤの元所属クラブであるASモナコとの提携を持ち、ヤヤもモナコに行くことを夢見ていたと言う。そしてコートジボワールの地元クラブ、ASECミモザでプレーした後に彼がヨーロッパ挑戦のスタートとして選んだのはベルギーのKSKベベレン。ここで定位置を掴み高い評価を得たヤヤは次いでウクライナのメタルルグ・ドネツク、そしてギリシャの名門・オリンピアコスに移籍。この間に代表でもレギュラーを確保し、兄の所属するアーセナルやプレミアリーグの強豪チェルシーFC、リーグ・アンのオリンピック・リヨンなど各リーグのビッグクラブが獲得に触手を伸ばす若手として才能を噂されるようになる。

2006 FIFAワールドカップ・アフリカ予選には兄と共に出場、カメルーンを抑えてのW杯初出場に貢献。本戦出場メンバーにも兄と共に選出され、「死の組」と言われたC組に入った事もあってかグループリーグ突破はならなかったが十分な存在感を見せつけた。ワールドカップ後はASモナコに移籍(4年契約、推定移籍金450万ユーロ)。シーズン当初はラズロ・ボロニ監督との不仲も囁かれて不調に陥ったものの、ローラン・バニド監督の就任後は期待された通りの素晴らしいパフォーマンスを発揮している。

2007年6月、推定移籍金900万ユーロでFCバルセロナへ移籍。かねてからの希望ということで、ヤヤ・トゥーレからトゥーレ・ヤヤへと登録ネームを変更した(コートジボワールでは日本と同じく、名前は姓+名の順で表される)。主にシャビとイニエスタの後ろで中盤のバランスをとるボランチとして活躍し、2008-09シーズンのバルセロナの3冠獲得に貢献した。なお、チャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦ではアビダルやダニエウ・アウヴェスが出場停止でDF陣が手薄になっていたことから、本職ではないCBでフル出場し、見事0点に抑えている。



プレースタイル

守備的なポジション(主にボランチだが、前述のようにセンターバックでもプレーできる)に入ることが多く、その一見無骨ながら精度の高い守備はもちろん攻撃の起点となるプレーにも定評がある。当たりの強さやスピードに優れ、チャンスと見れば豪快な単独突破やミドルシュートを仕掛ける思い切りの良さもある。重量級MFとしてバルセロナの中盤の守備を担っている。

個人能力の高さから来るエゴイスティックなプレーと、現代サッカーで求められる組織への奉仕を高いレベルで両立させるプレーヤーであるとして評価は高い。「ヴィエラ二世」との呼び名も高く、代表においてディディエ・ゾコラと組むボランチのコンビは世界屈指との評価を受けている。


エピソード

兄のコロは、「可能性は自分より上であり、ヴィエラ2世にもなり得る」と賞賛している。三男のイブラヒム・トゥーレもプロサッカー選手である。


所属クラブ

ASECミモザ 2000-2001
KSKベベレン 2001-2003
メタルルグ・ドネツク 2003-2005
オリンピアコス 2005-2006
ASモナコ 2006-2007
FCバルセロナ 2007-





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Toure Yaya



動画


Yaya Toure Style



動画
初めましてバルサです☆

彼の足元でのテクニックやシュートセンスにも目を見張るものがありますよね!

契約延長できてうれしいです^^
[ 2009/06/28 21:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。