サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホセ・マヌエル・レイナ 

ホセ・マヌエル・レイナ・パエス(José Manuel Reina Paez, 1982年8月31日 - )は、スペインのマドリード出身のサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。身長187㎝ / 体重79㎏。ポジションはGK。愛称は「ペペ(Pepe)」。父ミゲル・レイナはFCバルセロナ、アトレティコ・マドリードなどに所属したスペイン代表元GK。


マドリードで生まれるも、父親ミゲル・レイナの影響もありFCバルセロナのカンテラで育った。1999-2000シーズンはバルセロナBで、2000-2001リーズンはトップリーグでデビューをしたが、荒さが目立ち、首脳陣の信頼は得られなかった。2000-2001シーズンのUEFAカップの準決勝で、チームは2005-2006シーズンより所属するリヴァプールFCと対戦しており、自身もこの試合出場している。この試合はリヴァプールが勝利した。

バルセロナでは正GK獲得とはならず、出場機会を求めて2002-2003シーズンから2004-2005シーズンまではビジャレアルCFに在籍。最後のシーズンにはPKストップ率62.5%という驚異的な数字を残し成長を証明した。2005年8月にはスペイン代表デビューも果たしている。

2005-2006シーズンからは同胞のラファエル・ベニテス監督に熱望され、プレミアリーグのリヴァプールFCに移籍。2004-2005シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦でPKをとめる大活躍を見せたイェルジ・ドゥデクをベンチへ追いやる。プレミアリーグでそれまでの6試合を更新する8試合連続無失点のクラブレコードを樹立し、正GKの地位を不動のものとする。UEFAチャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント1回戦のベンフィカ戦の2試合で3ゴールを失い活躍はならなかった。結局プレミアリーグでは20試合無失点を記録し最優秀GKに与えられるゴールド・グローブ賞(Golden Glove Award)を獲得。FAカップの決勝でもPK戦で3本のPKを止めた。2006 FIFAワールドカップスペイン代表にも選出された。

続く2006-2007シーズンも正GKとしてチームを最後尾から支えた。UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝チェルシーFC戦では、第1試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、第2戦のPK戦ではアリエン・ロッベンとジェレミ・ヌジタップのPKを止めた。プレミアリーグでも2年連続でゴールド・グローブ賞を獲得した。

またスペイン代表ではイケル・カシージャスの控えとして招集されている。なお、EURO2008で優勝した際の祝賀会では宴会部長を務めあげ[要出典]、数万人のスペイン人相手に祝賀会をもりあげるなど、意外な一面を見せた。



プレースタイル

巧みなPKストップと的確な飛び出しが特徴。高速・低弾道のパントキック、精確なスローイングで、カウンターの起点としても機能する。


所属クラブ

1999-2001  FCバルセロナB

2001-2002  FCバルセロナ
00-01 19試合
01-02 11試合

2002-2005  ビジャレアルCF
02-03 33試合
03-04 38試合
04-05 38試合

2005-  リヴァプールFC
05-06 33試合
06-07 35試合
07-08 38試合





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Jose Manuel Reina #25 Greatest Keeper |HD|



YOUTUBE


Jose Reina is the best



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。