サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ウェイン・ルーニー 

ウェイン・マーク・ルーニー(Wayne Mark Rooney、1985年10月24日 - )は、イングランドのサッカー選手。プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFC所属、イングランド代表に名を列ねる。

母国イングランドではマイケル・オーウェンに継ぐ早熟の選手として知られ、数々の最年少記録を塗り替えている。ずんぐりした体型に激昂しやすい性格から、かの悪童ポール・ガスコインの後継者とたびたび評される。



生い立ち

1985年10月24日にリヴァプール北東部に位置するクロクステスに生まれる。母親ジャネットの家の伝統に従い、長男として父親の名ウェインを名付けられた。家族は他に後から生まれるグレアムとジョンの2人の弟がいる。幼少の頃から地元の小さなクラブを複数渡り歩き、1994年に同市内に本拠地を置くエヴァートンに入団。

エヴァートンが運営するアカデミーで英才教育を受けると、急速に早熟の才能を見せ始め、14歳を過ぎる頃には19歳以下のカテゴリーで主力級の活躍をするまでに成長。FAユースカップに出場すると8試合で8得点を記録し、2001-02シーズン終盤にトップチームに昇格。4月22日のサウサンプトン戦で登録メンバーに選ばれる。

エヴァートン時代

2002-03シーズン、8月17日の開幕戦に16歳と298日で先発出場しプレミアリーグデビュー。先制弾となるマーク・ペンブリッジの得点をアシストし、後半32分にグディソン・パークから拍手喝采を受けて交代。10月2日のリーグカップ、レックスハム戦に先発出場すると2得点を挙げエヴァートンの最年少得点記録を塗り替える。前記録は1937年にトミー・ロートンが打ち立てた17歳と130日で、65年ぶりの記録更新となった。

10月19日、無敗記録を31試合にまで伸ばしていたアーセナルとの試合に後半36分から途中出場すると、後半44分に決勝弾となる逆転ゴールを奪い、アーセナルの無敗記録に終止符を打つ。16歳と360日でのプレミアリーグ初得点となり当時のプレミアリーグ最年少得点記録を塗り替える。因みにこの時はまだプロ契約はしておらず、肩書は練習生となっている。

BBC Sportによる2002年度の年間若手最優秀スポーツ選手に選ばれる。

2003-04シーズン、先発の機会が増え26試合に先発出場。序盤は得点に伸び悩むも最終成績は34試合出場し9得点を記録。一方で監督デイヴィッド・モイーズとの関係が悪化し、幾つかの諸問題も絡んで退団を決意。2004年8月31日に最低保証金2,000万ポンド(出来高最大3,000万ポンド)6年契約でマンチェスター・ユナイテッドに移籍。ブルーを自負していたルーニーは一部のファンから非難を受ける。

マンチェスター・ユナイテッド時代

2004-05シーズン、EURO2004準々決勝での怪我の影響によりシーズン開幕に出遅れるも、9月28日のUEFAチャンピオンズリーグ、オールド・トラッフォードでのフェネルバフチェ戦に先発出場すると、ハットトリックの活躍でチームの勝利に貢献。

10月24日、19歳の誕生日となるアーセナル戦で、再び無敗記録を49試合にまで伸ばしていたアーセナルをPKと終了間際の1得点で破り、記録をストップさせる。2005年5月21日、FAカップ決勝戦でアーセナルと対戦するもPK戦のすえ惜敗。ルーニーはMVPを受賞。また今シーズンのPFA年間最優秀若手選手賞を受賞。

2005-06シーズン、UEFAチャンピオンズリーグとFAカップでは早々に敗退するも、リーグカップでは決勝に駒を進め、2006年2月26日の優勝戦でウィガン相手に2得点を挙げチームの勝利に貢献。プロ契約を結んで初のタイトル獲得となった。プレミアリーグでは隆盛を極めていたジョゼ・モウリーニョ率いるチェルシーに終始勝ち点を引き離され、4月29日に迎えたスタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦に出場するも、後半33分にパウロ・フェレイラのタックルを喰らい、右足第4中足骨ほか複数個所を骨折してシーズンを終える。ルーニーは36試合に出場し16得点そして2桁となる10アシストを記録。またPFA年間最優秀若手選手賞を2年連続で受賞し、1973-74シーズンから実施されて以来史上3人目となる複数回受賞者となった。

2006-07シーズン、リーグに35試合出場し14得点13アシストを記録。若返りを図り無冠が続いたチームに4年ぶりのリーグ優勝を齎した。

2007-08シーズン、背番号8を背番号10に変更。リーグを2連覇し、UEFAチャンピオンズリーグを優勝。

2008-09シーズン、リーグ3連覇。

代表

2003年2月12日にA代表に初招集され、2月17日のオーストラリア代表との親善試合で17歳と111日でA代表デビュー。マイケル・オーウェンの持つ18歳と59日での代表最年少出場記録を塗り替え、1897年にジェイムズ・プリンセップが打ち立てた17歳と253日での史上最年少出場記録も塗り替える。同年9月6日に行われたEURO2004予選、アウェーでのマケドニア戦で17歳と317日で初得点を決め、イングランド代表最年少得点記録を樹立。

2004年、ポルトガルで開催されたEURO2004のイングランド代表メンバーに選出される。第1戦目となる6月13日のフランス戦に先発出場。続くスイス戦にも先発出場すると、前半23分にヘディングでゴールネットを揺らし、本大会に於ける最年少得点記録を塗り替える[注釈 6]。後半30分にもゴールを決めチームの勝利に貢献した。グループリーグ最終戦となるクロアチア戦にも先発出場し、スイス戦に続き2得点を記録、同試合のMVPに輝く。チームはBグループを2位通過するも準々決勝、開催国ポルトガルの前にPK戦の末6対5で敗退。ルーニーは前半30分に左足甲を骨折し、負傷交代した。

2006年ドイツW杯、2005-06シーズン終盤に負った怪我の影響により6月10日の初戦に出遅れるも、6月15日のトリニダード・トバゴ戦に途中出場、6月20日のスウェーデン戦に先発出場し、無得点に終わるもチームは2勝1分でBグループを首位通過。マイケル・オーウェンの膝十字靭帯の断裂により、以後1トップに固定される。駒を進めた7月1日の準々決勝、EURO2004で敗退を喫したポルトガルとの試合で、後半17分にリカルド・カルヴァーリョの股間を踏みつけたとして主審オラシオ・エリソンドから退場処分を受ける。試合は延長戦まで持ち込まれ、チームはPK戦の末3対1で敗退した。

食生活

・見た目の割に、食事はヘルシー(ささみやパスタが主な食事) 朝食はとらない。

・ウエイトトレーニングは今はしていない(エバートン時代はしていた)

こぼれ話

2007年10月、婚約者コリーンはルーニーの22歳の誕生日プレゼントに趣向を凝らし、定価2,000ポンドのギブソンのレスポールをオアシスのノエル・ギャラガーにサインをしてもらい、10月24日に本人に手渡してもらいたいと申し出た。
マンチェスター・シティの熱狂的なファンとして広く知られているノエル・ギャラガーはこれを絶好の機会と考えて快諾。同バンドのゲム・アーチャーと共に、タイガー・フレームにチェリー・サンバーストをあしらったレスポールのボディーをマンチェスター・シティのイメージカラーである空色に塗り直し、マンチェスター・シティのアンセムである『ブルー・ムーン』の歌詞をトップに書き込んで、「ハッピー・バースデイ,スポンジボブ」のメッセージを付けてルーニーに贈った。
ルーニーは一瞥してノエル・ギャラガーの痛烈なジョークに腹を抱えて苦笑したものの、さすがに自宅に置いておくわけにもいかず、チャリティー・オークションに出品した。また、ポール・マッカートニーからのサイン入りのレスポールはしっかり受け取った。

ギャンブルでの失敗談が多いことで有名。表沙汰になっている被害額は以下の通り、2006年にブックメーカーで約1億4,000万円の損失、2008年にカジノクラブで1,000万円の損失。2006年にはスポーツ籤で約1億2,500万円近くを稼いだことも明かにされている。ギャンブルの師匠はマイケル・オーウェンらしい。

進行中の若禿をとりわけ悪友のクリスティアーノ・ロナウド、リオ・ファーディナンド、ウェズ・ブラウンらにからかわれてるらしく、同僚にボビー・チャールトンと呼ばれることに嫌気が差しているとのこと。新妻コリーンには「少しくらい禿げていた方がダンディよ」と励まされてるらしい。

女王陛下万歳の歌詞を知らないので、歌うことができない。この事に関してイギリスの伝統文化を守る活動をしているジョージ王立団体から批判を受けた。

トラブル

2006年9月5日の深夜にマンチェスター市内の高級ナイトクラブで婚約者コリーンほか3組の友人とパーティーを開いていたところ、当時ブラックバーン所属のマイケル・グレイと遭遇。酒に酔っていたグレイはコリーンとその友人を侮辱する暴言を吐き、目撃者によればルーニーは始めは冷静にその場を離れるよう忠告したが、度重なる暴言に激怒しグレイの顔面を殴打。この騒ぎに対してナイトクラブ側は警察を呼ぶことはせず、グレイを店外へ連れ出すことで収拾を図った。

2005年9月14日のUEFAチャンピオンズリーグ、エル・マドリガルでのビジャレアル戦で警告を出した主審キム・ミルトン・ニールセンに皮肉雑じりの拍手と暴言を吐き、その場で2枚目の警告を受け退場。ニールセンは「レッドカード2枚に値する」という言葉を残した。

2006年ドイツW杯準々決勝でのポルトガル戦でリカルド・カルヴァーリョの股間を踏みつけたとして、主審オラシオ・エリソンドから退場処分を受ける。後日、FIFA規律委員会を前にFAが反省文の提出を指示したが、本人は「故意にやったのではなく、暴力行為ではない」と拒否した。最終的に代表戦2試合出場停止、罰金2,400ポンドが課せられた。また、この悶着で逸早く主審に抗議した当時の同僚クリスティアーノ・ロナウドとの確執が噂された。

2009年3月21日のプレミアリーグ、クレイヴン・コテージでのフラム戦で主審フィリップ・ダウドに20m弱の距離から伸びのある速球を投げつけ退場処分を受ける。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン The Making of Rooney's Perfect Kick



YOUTUBE


Wayne Rooney Compilation



YOUTUBE


Rooney - 2009's Player Of The Year ?



YOUTUBE


Wayne Rooney by Vienio EWC 2009



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。