FC2ブログ

サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリスティアーノ・ロナウド 

クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ OHI(Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro OHI、 1985年2月5日 - )は、ポルトガル出身のサッカー選手。レアル・マドリード所属。ポジションはWG、またはFW。



生い立ち

1985年2月5日、クリスティアーノ・ロナウド(フンシャルやリスボンの標準的発音では「ロナルド」)は大西洋に浮かぶポルトガルのマデイラ島最大の街フンシャル(マデイラ自治地域首都)に生まれる。家族は両親と姉2人に兄1人がおり、ロナウドは末っ子にあたる。父親のディニスは公務員として働く傍ら、地元のアンドリーニャというサッカークラブの管理を手伝っており、ロナウドはこのクラブで6歳の時にサッカーを始める。4年後の1995年にアンドリーニャに在籍していた人物が運営するCDナシオナルに入団。この頃からロナウドの名が注目されはじめ、一年後にスポルティング・リスボンのスカウトを受けて、母親と共にリスボンへ移住。しかし、リスボンの学校には馴染めず、登校を避けるようにユースアカデミーに通うようになり、終には退学する。本人によると訛を馬鹿にされた苛めに遭っていたらしい。

一方サッカーでは急速な成長でユースを駆け上がり、ロナウド17歳となる2001年9月29日のブラガ戦でプロデビュー。以降25試合に出場し、クラブ史上最年少ゴールも決めるがすぐさまリスボンを離れることになる。


マンチェスター・ユナイテッド

ユナイテッドでコーチを務めるカルロス・ケイロスは、ロナウドがデビューした時分から注目しており、ロナウドの獲得を逸早く監督アレックス・ファーガソンに進言している。ロナウド獲得には当時リバプールも積極的に動いており、一時期リバプールへの移籍が本人のコメントからも予想されたが、プレミアリーグ03-04シーズン開幕3日前の8月10日に移籍金1,224ポンド(当時の日本円にして約24億円)5年契約でユナイテッドへの入団が決定。更にベッカムがレアル・マドリードへ移籍したことで、空いた背番号7の着用が決まる。因みに当初ロナウド自身はトップチームの全選手を含めて空き番号になっていた28を希望しおり、背番号7はファーガソンの指名で決まっている。

プレミアリーグ03-04シーズン、オールド・トラッフォードにボルトンを迎えての開幕戦にロナウドは控えとしてメンバー入りし、後半16分からの途中出場でプレミアデビュー。以後、比較的先発で出場することが多くなるが、控えと先発を行き来するような状態で、ファーガソンが上手く振り分けていたとされる。

06-07シーズンは17ゴール、14アシストと共に自己最多記録をマークし、チームの優勝に貢献。自身もPFA年間最優秀選手賞とFWA年間最優秀選手賞を受賞した。また、バロンドールの投票ではカカに次ぐ2位となった。翌07-08シーズンは開幕からゴールを量産し、チームのリーグ2連覇に貢献。アラン・シアラーの持つシーズン最多得点記録タイの31得点で得点王になった。これらの活躍でPFA年間最優秀選手賞とFWA年間最優秀選手賞を2シーズン連続で受賞。プレミアリーグの上位チームに対して目立った成績を残していないと揶揄する声もあり、また事実である。

2008年5月21日に行われた07-08チャンピオンズリーグでは、決勝の大舞台でチェルシーからゴールを奪い、ユナイテッド9シーズンぶりのCL優勝に貢献し、自身も得点王を受賞。PK戦では3番目に蹴るも、ペトル・チェフにコースを読み切られてセーブされる。チェルシーは5人目のキッカーのジョン・テリーが雨でぬかるんだピッチに足を滑らせて痛恨のミスキックで外し、ユナイテッドGKのファン・デル・サールの好セーブによって、ユナイテッドが勝利。その瞬間、ロナウドはピッチに倒れこんで号泣し、ガリー・ネヴィル、ライアン・ギグス、アレックス・ファーガソン監督らに助け起こされてようやく味方の歓喜の輪に加わった。

これらの活躍が認められ、この年のバロンドールとFIFA最優秀選手賞をダブル受賞。 しかし、また、各国上位チームに対して目立った成績を残していないと揶揄する声は消えていない。

2008年夏、ロナウドはレアル・マドリードへの移籍騒動でチームを騒がせる。マンチェスター・ユナイテッド側は契約期間を4年残しているにもかかわらずレアル・マドリードからの執拗なオファーにしびれを切らし法的手段に出るところまで話が大きくなるが、最終的にアレックス・ファーガソン監督の「お前がいなくなったら自分も監督を辞める」という熱心な説得により残留を決意。この件については、本人が公式ホームページにて「ユナイテッドもレアル・マドリードと同じく夢の一つだったが、タイトルを全て獲得したためもう一つの夢で新しい挑戦をする時期だと思った」と語っており、また残留に関しては「監督と話しあった結果、ユナイテッドに残る事がベストという事になった」と言っている。将来については「それは神様が決めること」と言葉を濁しているが、今回の移籍騒動については「(両クラブやその関係者にではなく)自分に責任がある」としている。

2009年夏、ロナウドは退団希望を表明し、クラブ側もレアル・マドリードとの移籍交渉を許可した。そして同年6月、本人とレアル・マドリード間で合意がなされ、移籍は内定済みとなっている。移籍金はジネディーヌ・ジダンの記録を上回る史上最高額の8000万ポンド(約128億円)。


代表

ポルトガル代表では既にレギュラーを確保しており、ポルトガルの将来を担う若きスタープレイヤーである。プレースタイルなどからルイス・フィーゴの後継者と評する声もある。EURO2004では初戦のギリシャ戦で代表初得点を決め、全試合に出場して準優勝に貢献。また、同年に開催されたアテネ五輪・サッカーにも出場。この大会で、ロナウドは、モロッコ戦で1ゴールを記録した。ドイツワールドカップでも代表の主力メンバーとして活躍。EURO2008本大会にて、フィーゴの7番を継承した。



プレースタイル

敵陣を切り裂く鋭敏なドリブルが持ち味のWG。初期に比べると抑え気味になりつつあるが、シザースを多用したフェイントを駆使し、小刻みに踏むステップにフェイントを織り交ぜたドリブルで突破を図る。時折エラシコやラボーナ等の試合中において高度な技も見せ、一種のパフォーマンスのような形で個人技を披露することもある。イングランドに来た当初は球離れの悪さで決定的なタイミングを逃したり、ドリブル突破が必ずしもチャンスに繋がらなかった為に批判もしばしば浴びていたが、近年はチームプレーを重視しつつ必要と判断すれば個人技を繰り出すというスタイルに変え、ドリブル自体も速いタイミングでゴールへ向かうことが多く、随所に得点を意識したプレーが見られる。

シュート力が非常に高く,高精度のミドルシュートでゴールを狙う事ができる。利き足でない左足でも右足と同レベルのプレーが可能で、左右どちらのサイドでも実力を発揮する。

FKの精度も高く、特に揺れながら落ちる無回転FKの精度はジュニーニョやアンドレア・ピルロと並び称される。ただし前者の二人がカーブでコースを変えるキックも得意とするのに対し、ロナウドの場合は曲げて蹴るFKは苦手であり,無回転FKを多用する傾向にある。FKの場面において、ユナイテッドでは角度がない場合はギグス、ゴールが狙える位置ではロナウドが蹴る傾向にある。 またWGとしては珍しくセットプレーの際にはゴール前での競り合いにも積極的に参加し、高いジャンプ力を活かした打点の高いヘディングでゴールを決めることも多い。さらに、カウンター時には自陣から長距離をフリーランニングして攻め上がることが多く、非常に攻撃的な選手であるといえる。接触プレーでは逆らわず倒されることが多く、ダイバーという不名誉なあだ名で呼ばれることもある。

チームが守備的に固める時は、1トップを任せられることが多い。(ロナウドと同じFWの選手でありながら)運動量と守備センスに秀でるルーニーやテベス、ベルバトフらと比べるとそれらのプレーでの貢献が少なく、また前線に広大なスペースがあって初めて活きるプレーヤーであるため。守備意識の低さはこれまでも批判を生んでいたが、08-09シーズンのチャンピオンズリーグ決勝で追加点となるメッシのヘディングシュートをアシストするクロスをシャビが上げた際に最も近くにいたロナウドが守備に行っていなかったことにより、批判は強まった。



エピソード

少年時代のアイドルはディエゴ・マラドーナで、好きなチームはベンフィカ。ベンフィカのライバルであるスポルティング・リスボンのユースに入団したのは、母親がスポルティングのファンで喜ばせたかったというのが理由の1つらしい。

スポルティング時代からコーチ陣揃って認めるほどの練習家で、現在でも居残り練習を積極的に行っている。

ユナイテッドでのデビュー戦後、ジョージ・ベストは「ここ数年、第2のジョージ・ベストだと言われた選手は何人かいるが、私がそれをほめ言葉と感じたのは彼が初めてだ(There have been a few players described as the new George Best over the years, but this is the first time it's been a compliment to me.)」と語っている。

かつてはゴールを決めるとユニフォームを脱ぐパフォーマンスで引き締まった上半身を披露していたが、FIFAによってストリップが原則禁止となった為に現在は控えている。

2006年11、12月にプレミアリーグ月間MVPを2ヶ月連続して受賞。ロビー・ファウラーとデニス・ベルカンプに続くプレミア史上10年ぶり3人目の快挙となった。

2007年2月6日に行われたブラジルとの親善試合では、数日前に亡くなったポルトガル協会カルロス・シルヴァ副会長の遺言により、初めて主将を任された。それ以降、本来の主将ジョルジ・アンドラーデおよび副主将ヌーノ・ゴメスが不在の時は、ロナウドが第3候補として主将を務めている。

クラブにおいても、2008年3月19日の対ボルトン戦で初めてキャプテンマークを巻いて出場した。

PFA(プロフットボール協会)による2006-2007年の年間最優秀選手賞・最優秀若手選手賞をダブル受賞し、1977年のアンディ・グレイ以来30年ぶり史上2人目の栄誉を勝ち取った。またファンの投票による年間最優秀選手賞にも選ばれ、史上初の三冠達成を果した。2007-2008年の年間最優秀選手賞も受賞し、連覇を果たす(最優秀若手選手賞は、アーセナルのセスク・ファブレガスが受賞)。

2007年に来日した際、TBSのスーパーサッカーのインタビューに出演する予定だったが、体調不良によりキャンセルしたためチームメイトのリオ・ファーディナンドが代理を務めた。また、ロナウド本人が拙い日本語で謝罪する映像も流れた。

2008年にスイスとオーストリアで共同開催されたEURO2008で、LG電子が実施した欧州の女性1万2000人による最もハンサムな選手の人気投票で1位となる。特にイタリア、ドイツ、スウェーデンからの票が多かったとのこと。

名前の由来は、父親が「ロナルド・レーガン元アメリカ大統領のようになってほしい」との意味が込められている。

父親はアルコール中毒(05年9月に死去)、兄はドラッグ中毒に陥った過去があり、このような経緯からサッカー選手としてそれらは悪影響になると考えている為か飲酒や喫煙は一切していない。

故郷フンシャルに自分のファッションブランド「CR7」の店を開いている。2人の姉が経営しており、08年10月にリスボンに2号店を開店している。また下の姉カティアはポルトガルで歌手をしており「Ronalda」という芸名でCDデビューしている。

サッカーの次に好きなスポーツは卓球。その腕前は、ポルトガル時代にプロにスカウトされたほど。

2009年1月8日午前、マンチェスター空港近くの道路でトンネルの壁に正面から衝突し、前方部分が大破する自動車事故を起こした。運転していたフェラーリ・599は前方部分が大破したものの、ロナウド本人に怪我はなかった。なおこの事故でクラブからは罰金を科されている。


所属クラブ

1995年 - 1996年 CDナシオナル
1996年 - 2003年 スポルティング・リスボン
2003年 - 2009年 マンチェスター・ユナイテッド
2009年 - レアル・マドリード



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000043-jij-spo




サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Cristiano Ronaldo 2008/2009 season COMPLETE HIGHLIGHTS!!!



YOUTUBE


Cristiano Ronaldo 2009 Welcome to Real Madrid CRSCC



YOUTUBE


Cristiano Ronaldo [CR9] - The new player of Real Madrid CF - [06/07/2009]



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。