サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミヒャエル・バラック 

ミヒャエル・バラック(Michael Ballack、1976年9月26日 - )は、ドイツ・ゲルリッツ(旧東ドイツ)出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(オフェンシブハーフ・センターハーフ)。



ドイツに古くから存在する少数民族のソルブ人で、ポーランド人やチェコ人などと同じ「西スラヴ民族」であり、ドイツで多数を占めるゲルマン民族ではない。旧東ドイツ出身者としては、初めて統一後の代表チームでキャプテンを務める。


経歴

1997年、ブンデスリーガ・カイザースラウテルンに入団。2年目よりレギュラーとして定着し、能力の高さを発揮する。1999年にはバイヤー・レバークーゼンへ移籍するとドイツA代表にも招集され、同年4月28日のスコットランド戦で代表デビューを果たす。2001年/2002年シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ・国内リーグ・国内カップ戦でそれぞれ準優勝に貢献した。

2002年にはブンデスリーガの強豪クラブであるバイエルン・ミュンヘンに加入し、中盤の核として活躍。

ワールドカップ・日韓大会準決勝では、味方のミスをカバーする為、イエローカードをもらうと累積で決勝に出場できなくなる事を知りながら、戦術的ファウルを犯しイエローカード2枚目をもらってしまう。直後にチームを決勝へと導くゴールを挙げるが、バラックを欠いたチームは決勝で敗退。

その活躍ぶりから同クラブのかつての名選手・フランツ・ベッケンバウアーの後継者との評価も高く、ベッケンバウアーのニックネーム「皇帝」に準え、バラックは「小皇帝(kleiner Kaiser)」と呼ばれていた。

2006年5月にバイエルン・ミュンヘンからFAプレミアリーグのチェルシーに移籍した。しかし、チェルシーではなかなかチームに馴染めず、能力を出し切れなかったことから、ベッケンバウアーに「バラックのチェルシー移籍は失敗だった」と指摘された。

2007年4月ニューカッスル戦で相手選手との接触により左足首を負傷。以降2度に渡って手術をし、8ヶ月の戦線離脱となる。しかし足首の負傷が完治した2007年12月以降はパフォーマンスも向上し、完全に復調。イングランドでのスタイルにも適応し、チャンピオンズリーグではクラブ史上初の決勝進出への原動力となった。

現在ドイツ代表チームでも主将を務めており、自国開催となる2006年・ワールドカップ・ドイツ大会では得点こそできなかったが、その構成力とキャプテンシーで自国を3位に導く活躍を見せた。



プレースタイル

大柄な体を生かした高いキープ力と強靭なフィジカルを持ち、ピッチ上のあらゆる場所から試合を組み立てる能力を持つ。

長短のキックの精度も非常に精密であり、アシスト能力も高い。左右のキックが正確なのは、ユース時代に徹底的に練習したためである。ミッドフィールダーながらフォワード並の得点力を備えている数少ない選手でもあり、強烈なミドルシュート、高い打点のヘディングで相手を粉砕する。

精神面も非常に強く、ドイツ代表の精神的支柱である。もっとも、スピードについては自らその不足を認めている。

スター選手でありながらもワンマンプレーに走る事がない。クレバーであり戦術理解度も非常に高いため、所属していた全てのチームの監督から厚い信頼を受けている。本人も「ヒーローという言葉は好きじゃない。サッカーは1人でやるものじゃない。チームスポーツだ。」と述べており、チームプレーを信条としている。そのため、ボールに絡まず黒子に徹することも多く、「消えている時間が多い」「運動量が少ない」等、間違った批判を受けることもある。

イングランド・チェルシー移籍後は、プレースタイルの少々の変更を余儀なくされたが、それが逆に自身のプレーの幅を広げており、功を奏したといえる。イングランドサッカー特有の展開の速さに順応し、スピードを殺さずに味方を生かすプレーや、逆に自らが生かされるプレーを覚えた。


シルバー・コレクター

現代サッカー最高峰の選手の一人だが、国際タイトルにはまったく縁がなく、チャンピオンズリーグ、ワールドカップ、欧州選手権ともに最高成績が準優勝ということから『シルバーコレクター』という不名誉なあだ名を持つ。特に2007-2008シーズンでは*UEFAチャンピオンズリーグ、プレミアリーグ、カーリングカップで準優勝という「シルバー三冠」を達成した。

<ドイツ代表>

2002 FIFAワールドカップ-準優勝(決勝には累積警告で出場できず)
UEFA欧州選手権2008-準優勝

<クラブ>

UEFAチャンピオンズリーグ 2001-02 レバークーゼン-準優勝
UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 チェルシーFC-準優勝

ちなみに、バラック加入後、チェルシーは2年連続でプレミアリーグ2位となっている(加入前、チェルシーFCはリーグ2連覇していた)。


所属クラブ

1983-1995 FCカール・マルクス・シュタット/ケムニッツFCユース 
1995-1997 ケムニッツFC 
1997-1999 カイザースラウテルン 
1999-2002 バイヤー・レバークーゼン 
2002-2005 バイエルン・ミュンヘン 
2006- チェルシーFC 





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Moments Of Michael Ballack 08/09.



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。