サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ルーカス・ポドルスキー 

ルーカス・ポドルスキ(Lukas Podolski、1985年6月4日 - )は、ポーランド・グリヴィツェ出身のドイツ代表、ドイツ・ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属のプロサッカー選手。ポジションはFW。サイドハーフでもプレーができる。愛称は「ポルディ」。ポーランド系ドイツ人である。



ポーランドで生まれ、2歳の時にドイツ、ケルンへ一家で移住。ケルンの下部組織で育ち2003-2004シーズンにトップチームにデビューを果たした。クラブは2部に降格したが10得点を挙げる活躍を見せてドイツ代表に招集された。2004年6月6日のハンガリー戦で代表デビューを果たし、EURO2004に出場した。また、同年12月21日のタイとの親善試合で代表初ゴールを記録。

地元で開催されたドイツW杯においても、同じポーランド系のミロスラフ・クローゼと2トップを組むと3得点を挙げ、期待の若手選手としてFIFAが選ぶ「ベストヤング・プレーヤー賞」を受賞した。

2006年からバイエルン・ミュンヘンへ移籍。しかし2007-08シーズンは、ルカ・トーニ、ミロスラフ・クローゼ、フランク・リベリーの加入により、出場機会が激減した。これに不満を持ったポドルスキは移籍を希望し、古巣であるケルンやASローマなどが獲得に動いた。2009年1月、ポドルスキの希望通り、ケルンに復帰することが決定した。この移籍ではケルン市長や州知事までもが歓迎のコメントを寄せた。

EURO2008でもドイツ代表メンバーに選出されると、グループリーグ初戦のポーランド戦でチームの全得点となる2ゴールを記録。しかし故郷のポーランドとの試合というだけあり「ポーランドには、今でも親戚が住んでいるから、複雑な気持ちだ」と心境を述べた。



プレースタイル

強さと速さを兼ね揃え、チャンスメークもこなす万能型レフティ。若くしてドイツ代表に選ばれてから着実に得点を重ね、今後あらゆる代表記録を更新する可能性を持つ。左足から放たれるキックはまさに弾丸で、相手ゴールキーパーを恐怖に陥れる。抜群の速さとパワーも持つため、スピードに乗った縦への突破を止めるのは困難極まりなく、ファウルまがいのタックルさえものともせず相手DFをぶち抜いていく。

ポジションはCFだが、バイエルンやドイツ代表ではサイドハーフでプレーすることもある。


エピソード

ケルンでは、彼の記事が掲載される新聞はよく売れ、ケルン周辺での彼の人気は「小皇帝」ミヒャエル・バラックと肩を並べるほどである。また、ケルン復帰が騒がれていた頃、ケルンのサポーター達がバイエルン・ミュンヘンの練習場に押しかけ、「ポルディーを返せ」と書かれた横断幕を掲げ、デモまがいの行動を起こしたという。

熱烈なサッカー愛好家としても知られる、元F1ドライバーのミハエル・シューマッハがポドルスキ獲得のためにケルンに875ユーロの資金援助をした。

ドイツ国内では、彼を歌った「Lu-Lu-Lu-kasSong」という歌とともに人気を得た。

国籍はドイツであるが、ポーランド人であることを非常に誇りに思っている。今でも家族と話すときはポーランド語で話し、ポーランド代表と試合をする際は非常に複雑な気分になるという。同じポーランドから帰化したミロスラフ・クローゼが殆どポーランド人であることをアピールしないため、ドイツメディアから批判される事は少ない。


所属クラブ

2003年-2006年 - 1.FCケルン
2006年-2009年 - バイエルン・ミュンヘン
2009年- 1.FCケルン





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン Lukas Podolski.



YOUTUBE


Podolski Rückkehr 2009



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。