サッカー動画のWorld cup

サッカー動画とサッカー情報を掲載

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ダニエレ・デ・ロッシ 

ダニエレ・デ・ロッシ(Daniele De Rossi, 1983年7月24日 - )はイタリア、ローマ(オスティア地区)出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。

元イタリアU-20代表でローマの将来を担うレジスタ候補。既にイタリア代表でも2006 FIFAワールドカップの優勝メンバーになるなど確固たる地位を確立している。ASローマの下部組織出身で、サポーターからはフランチェスコ・トッティに次ぐ人気者である。



ローマ生まれのローマ育ちで生粋のロマニスタであり自身もASローマの下部組織に入団。徐々に頭角を表し、2001-2002シーズンの2001年10月に18歳でチャンピオンズリーグの対RSCアンデルレヒト戦でトップチームデビューを果たすと、続く2002-2003年シーズンの2003年3月に19歳の時にトリノ戦でセリエAデビューを果たす。このシーズンはセリエAで4試合に出場し2ゴールを記録した。

2003-2004シーズンはトップチームに定着しリーグ・カップ合わせて27試合に出場。また、U-21欧州選手権、2004年のアテネオリンピックにもイタリア代表として参加。アテネオリンピックでは日本戦でオーバーヘッドシュートを決めた。その数週間後にはA代表でのデビューも飾っている。

2004-2005年シーズン、続く2005-2006年シーズンはチームのミッドフィールドのファーストチョイスとしてリーグ・カップ合計82試合に出場し10得点。2006年にはセリエAの最優秀若手プレイヤーに選ばれる等、セリエAを代表するミッドフィールダーに成長し、2006 FIFAワールドカップ代表に選出された。ワールドカップではグループリーグ第2戦、対アメリカ戦において相手FWブライアン・マクブライドにひじ打ちを喰らわせた行為が悪質な反則として4試合の出場停止処分を下され、その後の当大会での出場は絶望視されたが(グループリーグ第3戦・決勝トーナメント1回戦・準々決勝・準決勝と出場停止となりチームが決勝または3位決定戦に進出しない限り出場停止が解けない為)、チームは見事決勝に進出し、決勝戦ではASローマのチームメイト・フランチェスコ・トッティに代わりピッチに立ち、PK戦では3番手のキッカーとして成功。優勝を果たす。

2006-2007年シーズンは前シーズンから監督を務めるルチアーノ・スパレッティの下、優勝こそインテル・ミラノに譲り2位に終わったものの、そのインテルの監督や選手も含め多くのサッカー関係者から「セリエAで最も美しいサッカーをする」と評されたゼロトップシステムを、中盤の核として支えた。

2007-2008年シーズンもチームの中心として2年連続のセリエA2位と、チャンピオンズリーグベスト8に貢献。しかしオールド・トラフォードで行われたチャンピオンズリーグ準々決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦では、PKを外して敗退の原因にもなった。EURO2008イタリア代表にも選出され、背番号10を背負う。グループリーグ突破をかけたフランス戦でゴールを決めるなど活躍。敗れた初戦のオランダ戦では、デ・ロッシを起用しなかったドナドーニ監督が批判されるなど代表における存在の大きさもみせた。同年9月10日のW杯予選グルジア戦では2得点を記録。この試合の前に義父を亡くしており「自分のキャリアでもドッピエッタ(1試合2得点)は初めてだと思う。この2得点は義父に捧げたい」と語った。



プレースタイル

ユース時代から「フランク・ライカールトに似ている」と評され、ファビオ・カペッロからは「現役の時のカルロ・アンチェロッティになる要素を持つ」と言われている。当のアンチェロッティからも高く評価されている。

屈強なフィジカルと攻守両面でピッチの至る所に顔を出す運動量を持つ。両足どちらからでもすばらしいパスを放つことができ、下部組織ではFWだったこともあり前線への飛び出しも得意で強烈なミドルシュートを持つ。屈強な身体を生かしたハードマークも得意としている。守備的MFの如く奪い、レジスタの如く展開し、攻撃的MFの如く飛び出すというミッドフィールドの万能選手である。

ヘディングもすばらしい技術を持っており、CKのときなど、相手にとっては脅威である。また、フリーキックなどのプレースキックも得意であるが、ASローマではトッティやジュリオ・バティスタなどが、イタリア代表ではピルロがキッカーを務めており、蹴る機会は多くない。


エピソード

ローマの下部組織に入る時、父親がコーチだったので当初は名前を偽って参加したという。

イタリア代表では、代表を引退したトッティから背番号10を受け継いでいる。クラブでは16を着けておりこの番号も本人は気に入っているが、2004-2005シーズンには皮肉にも守備的な番号である4番を着けていた。


所属クラブ

ASローマ 2001-





サッカー動画ランキング サッカー動画ブログ blogram投票ボタン daniele de rossi



YOUTUBE


Daniele De Rossi !!!!!



YOUTUBE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。